スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「その日のまえに」重松清

その日のまえにその日のまえに
重松 清

文藝春秋 2005-08-05
売り上げランキング : 6557
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

久しぶりに重松清を読んだ。最近1週間に1冊読めるくらいのペースになってきて、なかなかいい感じ。ま、それだけ暇にしているということか……(^^;)

重松さんは、やっぱり上手い。短編をこれだけ正確にまとめあげる力を持つ作家って、あんまりいないのではないかという気がする。
この本には、人の「死」をテーマにする7つの短編が入っている。初めの方はそれぞれバラバラの完結した作品なのだけれど、最後の3つは「その日のまえに」「その日」「その日のあとで」と同じ登場人物たちの続き物で、さらにそこには前半の4つの作品に出てきた他の登場人物たちがちょっと現れたりする。……という作りになっている。
はじめの2つは「死」といっても、ちょっと距離のある死を扱っていて、そこまで感情に訴えてくる感じではなく、ただ「緻密に計算されて組み立てられているなぁ」といううまさを感じる。でも、あとの方になるにつれて、どんどん「身近な人の死」になってきて、電車の中などでは目が潤んで読めない感じだった。

一番好きなのは表題作の「その日のまえに」。
「その日」「その日のあとで」もあってもいいのだけれど、「その日のまえ」で話を終わらせてしまっても完成度が高くて良かった気がする。
妻の死を宣告された夫婦が、結婚してすぐに住んでいた町を訪れ、その頃の貧しかったけれど実は幸せだった頃を振り返る、という話。
できすぎているとも思うのだけれど、重松さんの描き方は細部が上手くて、旨に迫ってくるんだよなぁ。
悲しい気持ちにはなるけれど、今自分のそばにあるささやかな幸せ、今自分の側にいる人の大切さを改めて考えることができるから、こういう作品はたまに読むのはいいな、と思う。
「当たり前」と思っていても、すべてのものには終わりはあるから、もっと一瞬一瞬を大切にしないといけない……という、まぁ、ありきたりなメッセージではあるのだけれど。

ただでも、重松さんの作品を読んでよく感じるのは、小説は技術だけじゃないんだな、ということ。
重松さんの作品はあまりにも緻密に組み立てられすぎてしまって、逆に感情移入を疎外している部分があるように時々思えてしまう。「上手い作家」とは想うけれど、「好きな作家」には入れない理由がそのあたりにある気がする。
そしてそういうところを突き詰めて考えていくと、そこまで上手いものは書けない自分の活路が見いだせそうな気がしたりはする(笑)

人気blogランキングに参加しています。ご協力ありがとうございます!

2006/09/25(月) | 本の感想 | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

内記

『』

浅田次郎、重松清、宮部みゆき、この3人は僕の中で巧すぎてあまり読まなくなってしまった人たち。でも、たまーに読むと、前二人はやはり舌を巻いてしまう。ぐるぐるに……。
重松氏は、未だに三文記事を書いているフリーライターでもある。集められた材料から、締め切りまできっちり仕上げる職人だ。その巧さ、正確性がかおりさんの感じる緻密さの中にあるんだろうね。でも、確かにハートはある。いい作家だよね。素人くさい言い方になってしまうけど、やはり作家は心が大事だと思う。

2006/09/26(火) 06:16:29 | URL | [ 編集]

かおり

『』

内記さん。
コメントありがとう。
コンスタントに安定した質のものを書いている人って、芸術家というより、職人に近いのかもね。
私はどうも、そういう人の作品を読むと、なんか懐の奥までは入っていけないような、ちょっとした淋しさを感じたりするんだよなぁ。
例えば、ばななさんの作品とかって、本人はかなり苦労して校正しているようだし、もう大ベテランになっているのだけれど、それでもどこかつたなさも感じられて、それが逆にリアルに心に届く感じがする。
まぁ、「芸術家」を目指すなら、どれだけ個性を出せるかなのかもしれないけどね。
難しいね。
でも、今はあせらず、自分が書きたいものを偽らず、それだけ書いていこうと思っているところ。まえは「自分の書きたいもの」を書くと、ただの自己満足の作品になってしまっていて、だからこそ「読者」を意識することが必要だったのだけれど、最近は、「自分のため」が「自分を心地よくするため」だけではなくて、「自分が伝えたいことを人に伝えるため」にもなってきた。その辺りのバランスが取れるようになると、もっと良いものが書けるようになるかもな、なんて思う。
(レスなのに長くなっちゃった(笑))

2006/09/26(火) 10:05:59 | URL | [ 編集]

poo

『少しご無沙汰です』

かおりさんはやはり小説の分析がするどいですね。
何冊も読んでいろいろな作家の特徴を捉えていらっしゃいますね。。。
私は社労士の勉強をするようになって読書に縁遠くなってきましたが季節も段々良くなってきているし本を読んでいこうと思います。かおりさんが色々紹介してくださってるんで参考に!します。
助かります。。どんな本がいいのかな?って本屋さんに行ったらワンサカあるし迷いますもの。

2006/09/26(火) 16:43:03 | URL | [ 編集]

かおり

『』

pooさん。
コメントありがとうございます!
小説を読むのって、時間だけではなく、心の余裕も必要ですよね。私も大分、ゆったりと時間を過ごせる体質?に戻ってきたかもしれません。
今は「瀬尾まいこ」さんの作品を読んでいます。瀬尾さんは学校の先生をしながら小説を書いている私と同じくらいの年の作家です。大変なことがあってもいつも明るく前向きに生きる主人公をいつも描いていて、好きな作家です。
ゆったり読書を楽しみつつ、エネルギーをもらいたいときは、瀬尾さんやばななさんの作品がおすすめです。
その他にも、「こんな感じのものが読みたい」とかあったら、言ってもらえたら、ちょっと参考になることくらいは言えるかもです。ま、人それぞれ好みがあるので、あまりあてにならないかもしれませんが……。

2006/09/26(火) 21:30:54 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nagiday.blog59.fc2.com/tb.php/99-d4b45e8f
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。