スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

障害者雇用促進法

となりの公園の桜がきれいです。今週末は日曜日は雨かもしれないので、土曜日がお花見日和になりそうです。

今日も引き続き労働一般常識の勉強。
「障害者雇用促進法」と「男女雇用機会均等法」を中心に。

FC2 Blog Rankingに参加しています。クリック、お願いします!

一般の企業では100分の1.8以上の労働者を「身体障害者又は知的障害者」から雇用しなくてはならないが(従業員数56人以上の事業主には「義務規定」)、現在は1.46%というのが実情らしい。1000人以上の大企業でも1.6だという。
たとえ雇っている人数が足りなくても月額5万円の「障害者雇用納付金」を払えばすんでしまう訳だから、車いすの人を雇うために段差や階段をなくす工事をする、などということより、月5万払うことを考えてしまうのかもしれない。
こういう法律は必要なんだと思うけれど、そもそもこういう法律を作らないといけない社会の状況にまず疑問を持ちたいと思う。

私は以前(前にも書いたけれど)、リハビリ関係の施設でボランティアをして、何人かの半身不随の人に会った。でもリハビリに来ている人にはとても意欲があり、片手でも相当パソコンを使いこなしていたりした。その人は50歳ほどだったが、その後勤めた会社には、もっと全然パソコンを使いこなせていないおじさんがごろごろいた。

ただ、でも皮肉なことに、物事のありがたさってなくしてみないと分からない。
障害を持ち、仕事を失った人は、小さくても仕事ができることを幸せだと感じる。でも普通の人はなかなか仕事をできるありがたさを感じられない。というか、感じる余裕がない。
もっと世の中でワークシェアが進めばいいのにな、という気がする。ただそのためにはもっと景気がよくならないとダメなのかな。今、忙しく働いている人は、「時間も欲しいけれど、お金ももっと欲しい。だから、仕事の時間は減らせない」と思っているのだろうし。

でも、理想を言えば、お金のためではなく、やりがいのため、自分が人から必要とされているという生き甲斐を感じるためにだけ、みんなが自分のやりたい仕事をやりたいだけできる世の中だったらいいのに、と思う。
ま、夢物語だと笑われるかもしれないけれど。
でも、夢を語るだけのエネルギーを一人でも多くの人が持てば、世の中はちょっとずつでも変わると思う。

2006/03/30(木) | 一般常識 | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

早乙女

『』

教職についている友達が、今の子供たち夢を語らんと嘆いていました。
私はかなうか、かなわないかを別にして夢を語ってきたので、少しびっくりしてしまいました。

2006/04/04(火) 07:50:39 | URL | [ 編集]

かおり

『』

そうですね、夢を持っている子ももちろんいるけれど、「別に~、めんどくさいし~、なんでもいい」みたいに言う小学生も多いかな。
ただそういう子って、親に「勉強しろ」と言われすぎていたり、ストレスの問題なんだよね。
甘やかしすぎてもいけないけれど、のんびり好きなことやっていきなさいって親が見守れれば、子供は夢を持ち、語れるようになると思うな。
あとは褒めたり、人格をちゃんと認めてあげて、自信を持たせてあげること。
大人も子供と基本的には変わらなくて、やっぱり「やるべきこと」に追われている人はなかなか今の現実から離れた場所の目標なり夢を持つことは難しい。
けっきょく、どれだけ心に余裕を持って自分と向き合えるか、なんだと思う。
普段子供に接しているときも、勉強を教えながらも、勉強以外のなにか大切なものを少しでも伝えることができたら、と思っています。

2006/04/04(火) 09:58:24 | URL | [ 編集]

おっさん

『』

障害者雇用促進法ってたしかに大事な法律ですが
少し寂しい気がします・・アメリカ・ヨーロッパがすべて
いいと言うわけじゃないんですが障害者の方への
配慮が日本は・・どうかなっとおもってしまいました
少し前ですが「五体不満足」お書きになった乙武さんの
笑顔・しっかりした考え方に感動した事あります
ところがここ数年どうも障害者の方含めて「勝ち組」
「負け組」といった競争社会になってますます障害お持ちの
方には生きにくい社会になってきてる気がするのは僕だけでしょうか?昔がすべていいという訳ではありませんがお金で
解決していこうという発想だけではなく皆でゆとりあり
まさに相互扶助の実践出来る日本になってもらいたいですね!
(*^_^*)

2006/04/07(金) 05:20:58 | URL | [ 編集]

かおり

『』

そうですよね。
雇わなければお金取るぞ、というのはやっぱり変ですよね。
乙武君とかは、本が売れて有名になり、希望のスポーツライターになったようですが、なってすぐは、やはり、障害を持っているから注目されていいな、みたいに言われることもあったようですね。
私は健常者だから、障害を持った人の気持ちは正確には分からないけれど、「障害というのは一つの個性」と言っている障害者の方の言葉は、いいなと思いました。それを自然なこととして受け入れるのも、一つの特性としてアピールしていくのも、いいなって思うんですよね。
だから乙武君にその言葉をいった人とかは、ばかじゃないの!って思います。
……なんか意味分からないコメントになってしまいましたが……。

いつもコメントありがとうございます!
まだまだ読者も少ないブログなので、励みになります!!

2006/04/07(金) 09:43:57 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nagiday.blog59.fc2.com/tb.php/9-8e413c47
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。