スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

結局&厚年過去問

あと丁度一ヶ月。
一生懸命にやればやるほど、もし失敗したらという不安も生まれるけれど、結局そういう不安って、それを忘れるくらい勉強して、自分に自信をつけることでしか、解消しないんだろうなって思う。
それに、マイナスに考えていったら、覚えられるものも覚えられないし、解ける問題も解けなくなってしまう気がする。
前も書いたかもしれないけれど、高校時代先生に言われた言葉が印象に残っている。
「テストのときは、難しい問題が出ても、どうしよう、分からないとか思っちゃダメよ。そういうふうに思ったら、頭の中の半分以上が、分からないという思考で使われて、問題を解くために働かなくなっちゃうから」
これって結構いいところをついた言葉だと思う。
この言葉を聞いてから、難しい問題が出ても、「どうしよう」とか「解けないよ」とかは思わないようにしている。

あと、勉強しているとき、「もしダメだったら」というのもできる限り考えないようにしている。そんなことを考え出したら、脳の大部分がそういうマイナスの思考に使われてしまう気がするから。
……と言っても、たまに不安がよぎらないと言ったら嘘になるけどね。
ただ以前本で読んだ。「もしダメだったらどうしよう」という不安を減らす方法。
それは、
「それがもう叶ったものとして、次を考える」
ということ、らしい。
私が最近、次の資格を探しているのも、そういう思考の延長。

ところで今は、小6と高2の子を教えているのだけれど、やはり小6より高2の方が受験を意識している。そして最近、「以前より自分ができなくなってきている気がする」とかなりブルーな感じに陥っている(^^;)
そういうときは私が何を言っても、あまり言葉は届かない。難しいな~、と思う。
「やってもやっても忘れてしまう」とか言われても、「忘れるのは当然なんだから、忘れる勢いに負けないくらいの量をこなすしかないのよ」とかけっこうシビアに思ってしまうからなぁ……私。
でも本人も、そこまで努力できていない自分というのも感じていて、そのはがゆさにますますブルーになってしまっているみたい。その気持ちは分かるし、そうやって「まだまだもっとできるはずなのに」と自分で自分を責められる子に、敢えて私が同じことを繰り返す必要もないのだろう。
あたたかく見守らなくては、と思う。自分がけっこう限界に近く勉強していると、「お前もやれよ~」って気分にはなるけどね(^^;)
ただ、10年以上「教育」をしてきて思うのは、一番大切な教育は「待つこと」だということ。自分の考えを押しつけても反発されるだけだから、まずは相手の言葉を聞いて、アドバイスできることは軽くして、あとは相手が内側から変わっていくのを待つ。
時々もどかしいけれど、意外とおもしろい。
良い方向で抜け出せるといいのだけれどね。
結局スランプって、本当に頑張っている人にしか来ないものだから。


私自身も、三歩進んで二歩下がるような勉強を続けています(笑)
とりあえず今日で、レベルアップとハイレベルを全部解き直し終わった。明日で過去問の3巡目が終わる。という現状。
でももう一冊くらい、一般常識・改正・白書関係の参考書を買おうかなとも思っている。それか選択式の予想問題。
とにかく選択式の足切りにさえひっかからなければ受かる、という気がしている、この頃。

今日の勉強は厚年過去問……

・育児休業中の保険料の免除、基金の加入員の場合、「掛け金のうち、免除保険料額」が免除される。(H16-9)
・事業所が一括されると、「2以上の事業所」は適用事業ではなくなる。(H17-2)
・保険給付は100円未満の四捨五入(H16-10)



人気blogランキングに参加しています。ちょっぴり上昇中。ありがとうございます!

2006/07/27(木) | 厚生年金保険法 | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

poo

『太陽がまぶしすぎますね』

こんにちは
試験まであと30日、、、なのに自分の勉強が進んでいるのか?見についているのか??不安になります。
マイナスには考えない。。自分の勉強方法に他の人がなんと言おうと自信をもつことに尽きるのですね。
一昨日あたりから学校の模試と答練の問題を解きなおしていますがまだまだだなあ。。。の段階。
でもテキスト読みは力を入れていこうと思います。
かおりさんのコメントにはいつもしっかりしなきゃって励まされます。明日の模試思い切り力だしましょう。。。!!!

2006/07/28(金) 13:03:58 | URL | [ 編集]

かおり

『』

pooさん、いつもコメントありがとうございます!
明日は最後の模試です(来週以降はさすがにどこもやらないだろうなぁ)。
模試は本番ではないので、失敗しても立ち直って残り一ヶ月の勉強方法を考え直すきっかけにすればいいとは思いますが、やはりここで良い点を取れれば本試験に向けての自信につながると想うので、点数にはこだわって行きたいなと思っています。
お互い頑張りましょうね!!

2006/07/28(金) 18:15:18 | URL | [ 編集]

こうじ

『』

はじめまして。
かおりさんの意見に共感。
私は諸事情で会社を辞め社労士を目指しています。
当初は今の自分がこれほど落ち込むとは思いもせず
自分のペースで勉強してきました。
とにかく、今の自分は試験を受けることが怖いです。
落ちたらどうしよう…こればかりが頭の中で回っています。
正直キツイです。死んでしまいたいというぐらい。
おかしいですよね(笑)
でも、今日の内容を見て
「死ぬんだったら、死んだ気でもう一度やってみよう。
 なりふり構わずやってみよう。それからでも遅くない」
という気になりました。ありがとうございます。

くだらないコメントですいません。

2006/07/28(金) 21:38:05 | URL | [ 編集]

かおり

『』

こうじさん。
はじめまして。
ご訪問とコメントありがとうございます!
全然くだらないコメントじゃないですよ。自分の言葉が誰かに届いているって分かることは、とっても嬉しいことです!

本当、仕事を辞めてしまったり、状況が切迫すればするほど、そして勉強に時間を使えば使うほど、もしダメだったら……という不安も大きくなるものだと思います。
ただ、人生で結局、無駄なことってなにもないと思うんですよね。
だから、「絶対に受かる」と信じることももちろんとても大切でいいことだけれど、「もしこれだけやって万一ダメだったら、それはもっといい、人生における選択肢が他にあるという神様からのメッセージなのだろうな」と、どこかで自分の力を超えた、なにかの存在を信じるのもいいかな、と思っています(私は特定の宗教は信じていませんが)。

とにかく、マイナス思考は心も体も弱らせるだけですから、「人事を尽くして天命を待つ」。今できることをコツコツ、「人」のレベルでこなすだけです。
できる限りのことを最後までやり遂げましょう!
合格をお祈りしています!
(私自身のも、他のブログ読者の方のも全部!)

2006/07/28(金) 23:44:31 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nagiday.blog59.fc2.com/tb.php/73-2a2e44fe
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。