スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

愛川 晶「化身」

若桜木先生に薦められて「化身」を読みました。

化身 (幻冬舎文庫)化身 (幻冬舎文庫)
愛川 晶

幻冬舎 1999-06
売り上げランキング : 486913
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


鮎川哲也賞受賞作なんて、読むのはじめてかも。
こういうのが「本格推理」というジャンルなのだと、初めて体験しました。

むちゃくちゃ頭いいなぁ、この人、というのと、よくこんなに詳しく調べる気になるなぁ、というのが感想。

以前は、小説家を目指すのなら、どんなものでも書けなくてはみたいに思ったりしていたけれど、最近は、あまり思わなくなった。
綱渡りや宙返りができないように、「本格推理小説」など、書けない、と(笑)

でもやはり、人間、得意不得意があるのだろうな。
せっかくトリックなどは完璧なのに、人物造形が……悪い意味で漫画のようでした。
すべての人が、いわゆる「典型的なキャラクター」というか……。

ただもし将来、これくらいすごいトリック(というか設定も含め)を考えつけ、さらにトリックを考えることだけに楽しみを見出している人と出会えたら、共著で小説を書いてもいいかもしれない……などと、変にビジネスライクに思ってみました(笑)

ということで、小説に「共感」であるとか、「描写」の美みたいなものを求めている人にはあまり薦めないけれど、ミステリーを書きたいと思っている人や、大どんでん返しみたいなものが好きな人にはお薦めです!

2009/03/22(日) | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(3)

«  |  HOME  |  »

レア

『初めまして。』

初めまして! レアと申します。

若桜木先生のページから飛んで参りました。

ところで、私も若桜木先生の添削を受けようと思っているのですが、どのような感じなのでしょうか? 添削なんて、高校の頃の小論文の添削以来なので、よく感じがわかりません。どんな風に質問すればいいかとか、感想などを教えていただけないでしょうか? よろしくお願いいたします。

ちなみに私も早稲田出身です。第二文学部ですが。。いやあ、高校時代に勉強はもっとしておくべきでした。。

2009/04/01(水) 10:47:05 | URL | [ 編集]

かおり

『No title』

レアさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
若桜木先生の添削は、まずはプロットと登場人物の設定を送り、そのOKをもらうところから始めます。
「1度でOKを出したことがない」と言われていたように、大体「これはいい話だ!」と思って出しても、「ここはありがちですね。もうちょっとひねってください」とかいうコメントが返って来ます(笑) なので、また考えて送り、プロットでOKが出たら実作です。
基本的にコメントは淡白です(笑) が、無駄がなく、すぱっと言いたいことを言ってくれるので、私は信用しています。
いつ初めてもいいですし、気に入らなければ1ヶ月でやめてもいいということなので、まずは5,000円だけ払ってプロットを1つ送り(1日付けと決まっているわけではないので、プロットを一つ完成させてから入金したほうがお得(笑))、ためしに添削を受けてみたらどうでしょうか?
滅多に褒めてもらえることはないので、「ただ誰かの感想が欲しい」程度でしたらお勧めしませんが、本気でプロデビューするために頑張るぞ、という方には、良い刺激だと思いますよ!

2009/04/01(水) 22:04:33 | URL | [ 編集]

藍色

『No title』

こんばんは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

2010/01/26(火) 01:58:07 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nagiday.blog59.fc2.com/tb.php/293-9d1656b3

化身 愛川晶

平穏な生活を送っていた女子大生に送り付けられた写真。 ヒロインの身に、徐々に恐るべき災厄が降り懸かってくる。 両親と姉がいない人見...

2010/01/26(火) 01:56:38 | 粋な提案

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。