スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あゆみさん&ひすいさんイベント

昨日は、藤沢あゆみさんと、ひすいこたろうさんのイベントに行ってきました!

藤沢あゆみさんは、恋愛本を13冊も出されている、恋愛相談のカリスマ的存在の作家さんです。
ただ、恋愛本というものを読んだことがなかった私は、去年の秋、ひすいさんのイベントで初めてお会いする機会があり、知ったという状態でした……すみません。

でも、成功しているのに、とても気さくな方で、去年のイベントのときは一緒に、駅まで帰らせて頂き、それ以来、マイミクにもなって頂いています。
それで、いつもミクシ日記を読み、「やっぱりすごいな~」とエネルギーをもらっていたのですが、今回、ひすいさんとのトークイベントをされるということで、申し込みました。

恋愛本では、

「1秒で彼の心理がわかる本」


「キラ☆モテ―77の法則」


「一瞬で彼をドキドキさせる秘密の教科書」


という3冊を、3ヶ月で出した(つまり1ヶ月に1冊ペース)という、すごい方。
徹底的に恋愛を勉強して、分析している方、だと思います。
恋に行き詰まっている方は、是非是非読んでください。

あと私が好きな本は、あゆみさん初のビジネス書

「「愛され社員」でいこう!」

です。

社労士として、経営者と従業員、上司と部下の関係を上手くいかせるための心理学関係の本は色々読んでいますが、「社員」側の目線で、「社員」として、何ができるか、考える本というのも、おもしろいですね。
結局、どんな立場で、誰と関係を築くのであっても、心がけることは同じなのかもしれません。

ただでもこの本は、色々な経験をされた、あゆみさんだから書ける本、です。
ビジネス書っぽい堅苦しさはみじんもなく、でも、さらりさらりと読めてしまうけれど、心に残るものは多いです。
特に「いつも期待の5%上乗せの105%の仕事をしよう」などの言葉は好きです。
昨日のイベントには、編集者さんも来ていたのですが、あゆみさんに他の人の本の帯のキャッチを頼んだら、1つでいいのに、20こも書いてくれた、というエピソードもありました。
105パーセントじゃなくて、2000%じゃん、って感じですが、すごいです。
自分の最近の仕事ぶりを振り返り、反省するところです……。

昨日のイベントでは、「部門賞」という言葉が何度も出てきました。
どんなに小さな範囲でもいいから、「これなら日本一」と思えるものを探す、と。
逆に言えば、「これなら日本一」と実感できるところまで、その範囲を狭めていけばいいのだ、という話。
たとえば「メルマガ」の一位、は難しくても、「恋愛メルマガ」の一位を目指す、それでも難しければ、「B型の年下男を虜にするメルマガ」の一位を目指す……と。
そしてなんであれ、自分の「部門賞」が持てたら、それが自信になり、そこから色々なことが開け出すはず、というような話でした。

なるほどなぁ。

昨日は具体的な恋愛相談をされている方もいらっしゃいましたが、あゆみさんの答えの一つ一つがむちゃくちゃ具体的で、びっくり。
恋愛って、分析しようと思えばできる、知的な活動(?)なんだという、発見がありました。
ともかく、あゆみさん、頭いいです。
そしてかっこいいです。

あゆみさんは、生まれつきの病気で、顔にちょっと障害があるのですが、
「自分は生まれつき、マイナス200点を背負ってきてしまった。でも、だからこそ、他のところで300点をとる」
と決めて、自分がメジャーになれることを追究してきたそうです。
自分が人より劣っている部分を持っているとき、ついついそこに目を向けてしまうことが多いですが、そうじゃないんだ、と、あゆみさんから本当に教わります。
メンタルで習った、円の欠けた部分を見るか、ある部分を見るか、ですね。

私も、部門賞を目指して、頑張ります!

そんな気分にさせてくれたあゆみさん、あゆみさんの素敵な部分を紹介してくださったひすいさんに感謝。
ひすいさんのイベントに集まる人はいつもすごく温かくて、初対面でも結構仲良くなれてしまうので不思議です。
私もそういう、あったかい人を引き寄せる、魅力ある人を目指します!

2008/08/30(土) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nagiday.blog59.fc2.com/tb.php/268-78cbe711
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。