スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「就業規則&社内ルールの作成ポイント」

banner_02.gif←クリックで順位が上がります。応援お願いします!

就業規則&社内ルールの作成ポイント―会社を守る社員が安心する!就業規則&社内ルールの作成ポイント―会社を守る社員が安心する!
下田 直人

すばる舎 2007-08
売り上げランキング : 788
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


下田先生の新刊を読み、その後、月曜日、下田先生と他、何人かで飲んできました。またジョニーさんにセッティングをして頂いてしまいました。いつも本当にありがとうございます!

今回の本は、就業規則を社員に浸透させるために「ハンドブック」を作るというところが印象に残りました。
クレドを持ち歩くというのに通じる気がします。
よく考えれば、就業規則というのは、ルールであると同時に、社長の理念でもあるはずですものね。そう考えると、クレドと就業規則というのはそう離れたものではないのかもしれません。

あと、今回の本で印象に残ったのは、「こんなことまで書く必要があるかと思うかもしれませんが、そこまで徹底するべきです」というような言葉が多かったな、ということ。
社員のモラルに期待しているだけなんて甘い、という現場をよく知っているからこそ言い切れる、重みのある言葉だと思いました。

私などは、結構、性善説で生きているので、社員のモラルにもっと期待したくなってしまいますが(何も言わなくても、昼休みにお酒飲むなよ!(笑))、でも、あくまで就業規則は、いざというときの備え、と考えればいいのかもしれませんね。
社員のモラルを向上させ、職場の環境を改善することに努めると同時に、セーフティネットとしての就業規則を整備しておく、みたいな。

やはり下田先生の本からは、学ぶべき事がおおいです。

あと、下田先生に勧めて頂いた本も(前に書きましたが)、すごい中身が濃くて、おもしろい!!
判例が豊富で、さすが弁護士が書いたものだけあるな~と思いました。

トップ・ミドルのための採用から退職までの法律知識トップ・ミドルのための採用から退職までの法律知識
安西 愈

中央経済社 2006-06
売り上げランキング : 77514

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



月曜日の飲み会は、塾の仕事のあとにいったので、ちょっと出遅れてしまい、みんなのテンションの高さをちょっと観客のように楽しんでしまいました(^^;)

でも、ジョニーさんが下田先生に、「今までで一番すごいなと思った社長の一言は?」と聞いたときの先生の答えが良かったです。

有給休暇は何日前までに申請しないといけないということにするかという話し合いの時だったそうです。
その社長は、
「別に前日に申し出てもいい。結局、そういうことをしたら、周りの人間に迷惑がかかって、それが回り回って、周りから協力を得られない、つまり仕事ができない人間になるという状況を作り出し、その人を困らせるだけだから」
と言ったそうです。
自分の行動の結果を見られる人が結果的に成功するということなんですね。


あと、飲み会後、下田先生にお礼のメールを書くとき、「就業規則コンサルタント」と名乗ってもいいものでしょうか、とお伺いを立てちゃいました。
就業規則をメインにしていると名刺の裏に書くだけではなくて、表に「社会保険労務士」「就業規則コンサルタント」とか書きたかったので。
「商標登録はしていないので、どうぞ」というようなお返事を頂きました。
ただ、「名乗るからにはしっかり勉強してくださいね」というお言葉も。
本当、もっともです。
でも、名乗ったからにはというプレッシャーを自分自身に与えるのもいいかな、と思っています。

全部ひっくるめて、下田先生、ありがとうございました!!


そうそう、就業規則のINPUTとOUTPUTを継続的にできるように、毎日(土・日以外。って自営業、土日も休むな、か?)WEBの記事(ページ)を一つずつ増やすということを自分に課しました(できない日には、前後の日で調整は可)。
ちなみにWEBは→http://www.asobe-sr.com
今年いっぱいそれをすると、WEBのページが100ページくらいになり、以前、松崎先生が言われていた
「結局、検索エンジンの上位に載るためには、ページ数を増やすこと。まずは100ページ作ってみるといい。まぁ、そんなことを言っても、100ページ、実際に作った人は今まで会ったことがないけれど」
という言葉にもチャレンジできるし(笑)
(まぁ、キーワード率みたいなものを考えて書いているわけじゃないので、どこまで効果があるかは分からないけれど)

ただ、このブログを読んでいる方には分かるように、短く書こうと思っても、一つの記事がやたら長くなるのが私なので、一つの記事を書くのに1時間くらいかかる(^^;)
続けられるのか……。

でも、月曜日にさっそく、「仕事、獲れているの?」と聞かれて、んなわけないじゃん! と、かなり驚いたけれど、まぁ、本当、しばらくは仕事のあてもないので、塾の仕事をしながら、勉強&アウトプットして、ちょっとずつでも社会に貢献します。
あまりにWEBの更新が遅れたら、仕事獲れたのか?といぶかってみてください(笑)

人気blogランキングに参加しています。ご協力ありがとうございます!

2007/09/05(水) | 本の感想 | トラックバック(0) | コメント(11)

«  |  HOME  |  »

最キッカー

『就業規則コンサルタント』

月曜はお疲れ様でした。
かなり酔ってたんで迷惑掛けてませんでしたか?
正直、あまり記憶はありません(笑)。
この日記を見ていろいろ思い出しました。
ありがとう!

名刺を拝見したとき、まさか「就業規則コンサルタント」をいきなり
名乗るとは思ってなかったのでびっくりしました。
竹内先生、山田先生、下田先生ともライバルですね!
企業の社長、従業員に役立てるよう頑張ってくださいね!

>就業規則のINPUTとOUTPUTを継続的にできるように、毎日
  WEBの記事(ページ)を一つずつ増やすということを自分に課
  しました
素晴らしいことだと思います。今のところ2日は続いてますね(笑)。
継続してれば、そのうちかおりさんが見て欲しい相手(社長や人事担当者)に見てもらえるようになりますよ。

では、お互い頑張りましょう♪

2007/09/05(水) 23:45:26 | URL | [ 編集]

のん

『頑張っていますね~』

開業されて、頑張っているんですね!
事務指定の懇親会2次会で隣に座らせていただいた
スタッフののんです。覚えていますか?
わたしも今、社労士法人で働いていますが、
就業規則やり始めました~。
どこまで書いたらいいのだろう?と思いながら、
ここまで細かく書く必要あるのーー?なんて
思っちゃう今日この頃。
でも、ほんと小さな穴も作らないような、そんな
用意周到さがないと意味ないのかもしれない。
あー、でも、細かすぎる就業規則みると、
私、こんな規則の会社じゃ働けないかも・・
とか思っちゃうのでした(笑
まだまだ、社労士サイドからのモノの見方ができない
だめな子です。あはは。

2007/09/06(木) 02:18:48 | URL | [ 編集]

かおり

『』

最キッカーさん。
コメントありがとうございます。
「コンサルタント」って名乗るのはおこがましいとは思うけれど、それくらいのずうずうしさがなければやっていけない世界なのではないかと思っています。
プロゼミの時、北村先生には、社労士の登録を待たずに、今日からでも「○○コンサルタント」という名前で名刺を作れと言われたのを覚えています。
そして、すぐに仕事を獲った先輩もいたとか。
私はまだまだ小心者です(笑)

あと、名乗ったから「ライバル」っていうのは、なんか違うんじゃないかな? 私は福島先生の「同業他社」は「競合他社」ではない、という言葉が好きです。

のんさん。
コメントありがとうございます。
もちろん覚えていますよ!!
あの飲み会は楽しかったですね☆
のんさんのお話も熱くてとても良かったです。
産業カウンセラー&社労士、頑張ってください!!

就業規則の仕事、いいですね!
確かに細かい規則を作りすぎるのも善し悪しですね。
ただ、時給はいいけれど責任も大きな仕事をパートで募集するとき、採用の前に説明会を開いて、かなり厳しめの就業規則を見せて説明し、「それでもやっていけるのか」という選択を促すという方法もあるそうです。(なんの本に書いてあったのか忘れちゃいました(^^;))
そうすると、やる気のない人は自主的に辞退してくれていいのだとか。
色々な使い方、考え方があっていいかもしれませんよね!
作る側はあくまで柔軟にお客様の考えをくみ取るまでかも。

2007/09/06(木) 08:33:02 | URL | [ 編集]

きりこ

『遅ればせながら・・・』

開業おめでとうございます!
事務指定講習でお会いしたきりこです。
私も仕事で就業規則作成のお手伝いをすることがありますが、
就業規則の重要性を理解している社長さんはまだまだ少ない
ように感じます。
あとはやはり、どのように従業員へ周知させるか・・・ということが
課題になりますね。結構なページ数があるし、いかに従業員に
目を通してもらうかは難しいところです。

これからもかおりさんのページ読んで参考にさせて頂きます!

2007/09/06(木) 22:14:31 | URL | [ 編集]

かおり

『』

きりこさん。
コメントありがとうございます!
就業規則の仕事……うらやましいです。
私も実務的な経験をもっと積みたいです!

確かに経営者も重要性を分かっていないようだったら、従業員に浸透させるのは難しいですよね。
まずは経営者を教育する!
それから、従業員には社労士からプレゼンを行って、就業規則の重要なポイントを伝える(理念の部分は社長の口から言って欲しいですが)。という感じでしょうか。

私も、現場の声をもっと知りたいので、色々教えてください!

2007/09/06(木) 22:41:06 | URL | [ 編集]

おっさん

『』

こんばんは!頑張ってますね
就業規則の事つくづくなっとくしました
欧米諸国では契約書だけでもありえる不足の事態想定して
もうすごい量みたいです・・僕も性善説なんですが特に
これからは「労働ビックバン」といわれる様にますます
就業規則が今までに増して大事になるようです
会社の憲法=就業規則で重要性大増しですね
性善説ですが人間って弱いもの それにトラブル回避のためにも
予防が一番ですから・・大変だと思いますが頑張って下さい!!
かおりさんなら
きっと素晴らしい就業規則つくれますよ(*^_^*)
応援してます(^-^)

2007/09/07(金) 01:26:04 | URL | [ 編集]

かおり

『』

おっさんさん。
コメントありがとうございます。
「労働契約法」が成立すると就業規則はますます重要になるという意見も聞きますし、本当、下田先生をはじめとして、すでに就業規則の権威のようになっていらっしゃる方もいますが、私も今からでも、少しずつ、勉強して行かれたらと思っています。
「最悪を想定し、最善を期待する」
結局なにごとも、そういうことかもしれませんね!

2007/09/07(金) 10:50:58 | URL | [ 編集]

宮嵜

『開業おめでとうございます。』

同じ時期の開業ですね。でも、すでにコンサルとは、すごっ!
HP拝見しました。これからどんどん増えていくのが楽しみです。
ところで、遊部さんって本名ですよね?珍しいお名前ですね~
それと、やっぱり写真を拝見したら親近感が沸きますね(^^)

2007/09/07(金) 16:07:53 | URL | [ 編集]

かおり

『』

宮嵜さん。
コメントありがとうございます。
宮嵜さんも開業、おめでとうございます!
コンサルタントはただ名乗っているだけです。
名乗るのに必要なのは、ただ度胸と覚悟だけ!
でも、「就業規則コンサルタント」という名称を傷つけないようにだけ気をつけたいと思います。

2007/09/07(金) 22:44:06 | URL | [ 編集]

とまと

『』

就業規則コンサルタントか~。いい響きですね!

かおりさんならきっと近い将来、その名にふさわしい社労士さんになられることと思います。

私も頑張らなくっちゃ・・・。

2007/09/08(土) 19:47:22 | URL | [ 編集]

かおり

『』

とまとさん。
コメントありがとうございます。
本当、名乗るにふさわしい社労士になりたいですね。
温かい言葉、いつもありがとうございます☆
とまとさんも、上手く次のステップに踏み出せるといいですね。
ただでも、焦らずに、ね!

2007/09/08(土) 23:16:43 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nagiday.blog59.fc2.com/tb.php/225-6246e819
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。