スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

プラネタリウム&固定観念

banner_02.gif←クリックで順位が上がります。応援お願いします!

先週末は久しぶりに未来館のプラネタリウムを見てきました。
未来館、知っていますか? お台場にある、毛利さんプロデュースの科学の学舎です。
プラネタリウムは一時期ネスカフェのCMに出ていた「違いが分かる人」の一人、大平さんの作られたもので、ものすごく細かい星まできれいに見えます。
プラネタリウムは整理券がないと見られないので、未来館の開く10時より前から並ばないと見られなかったりするのですが、未来館の入館料500円でプラネタリウムも見られるので、かなりお勧め。
プラネタリウムを見てから、3Dの宇宙映像も他の階で見られて、かなり満足でした(太陽系・銀河系・もっと遠くの星まで、3Dで見られるので、圧倒されます)。
小学生にならないくらいの子供にはちょっと厳しいかもしれないけれど、10歳以上の子供連れとか、普通に大人のデートとかには良い場所です。
ちょっと歩けばビーナスフォートとか、普通に「お台場」があるし。
未来館→http://www.miraikan.jst.go.jp/
私たちはそのあと、新聞屋さんにもらったタダ券があったので、すっごく久しぶりにジョイポリスなんぞに行ってしまいました。20代前半のカップルが多かったです。ちょっぴり浮いてました

あと、金曜日はメンタルのセミナーへ。衛藤先生の講義は1ヶ月ぶりくらい。
本を買ってサインと握手をしてもらっちゃいました。ミーハーですね
このあいだの授業は論理療法が中心だったけれど、このあいだ紹介した「EQノート」のように、自分のビリーフを探す授業でした。けっこう自分が、「~するべき」「~であるべきではない」など、「べき」の思考傾向を持っていることに気づかされました。
なんとなく自覚している部分はあったのだけれど……。
ただ「人を傷つけることをするべきではない」という質問に、1~10の評価のうち「9」とかつけてしまったのだけど、衛藤先生曰く、
「人を傷つけないようにしようと思うことは大切。でも、気づかないうちに人を傷つけてしまうことの方が、意識的にするよりも多いはず。『人を傷つけるべきではない』と強く思っている人は、人に傷つけられたとき、『この人は間違っている』と攻撃しがち」
ということで、なるほど、と。
確かに世の中の怒っている人を見ると、「○○するべきなのに」「○○なんてするべきではないのに、△△さんたら!」みたいなことを言っていることが多い。自分が「正義」になっちゃうんだよね。
そういう無用な怒りから解放されるためにも、どんなことであれ「~べきだ」という思考は減らしていった方がいいかもしれない。
なんてことを気づけた授業だった。

でも一番、このあいだの授業で心に残ったのは、
「最近の人は、セレブにならなくては、というように思いすぎて、『もっと頑張らなくては』『これくらいじゃダメだ』と思いすぎている。でも、夢を描くことで、幸せを感じられるのならいいけれど、その理想の状態に比べて『今のままじゃダメだ』と思いすぎるのは、逆に良くない。
人生は、『過程』をどれくらい楽しめるかだ。目的地には案外なにもない」
という言葉。
懇親会で衛藤先生に「先生の考える『成功』ってなんですか?」と聞いている人がいた。
「一日一日、今日もよく頑張ったと幸せを感じられること。家族を養えるくらいの稼ぎがあること。好きな仕事ができること。家族が死んだり、笑えない日ももちろんあるだろうけれど、振り返ってみてトータルで、幸せだったなと思えること」

自分から見て、すごい「成功」しているように見える衛藤先生の言葉だからこそ、「目的地には案外なにもない」という言葉が心に残った。
本当、日々、足元にある幸せをしっかり見つめた上で、次のステップへの成長を目指そう。

人気blogランキングに参加しています。ご協力ありがとうございます!

2007/07/17(火) | メンタルヘルス | トラックバック(0) | コメント(3)

«  |  HOME  |  »

最キッカー

『まだまだ知らないことが多い。』

>未来館、知っていますか?
すいません、知りませんでした。
でも並ぶほどなんですから人気のスポットなんですね。
一度行ってみたいですね、覚えておきます。

>時期ネスカフェのCMに出ていた「違いが分かる人」の一人、大平さん
すいません、太平さんも知りません(笑)。

>本を買ってサインと握手をしてもらっちゃいました。ミーハーですね
ぜんぜんミーハーじゃないですよ。私は体験セミナーでそれをやりましたので(笑)。

>衛藤先生曰く、 「人を傷つけないようにしようと思うことは大切。でも、気づかないうちに人を傷つけてしまうことの方が、意識的にするよりも多いはず。『人を傷つけるべきではない』と強く思っている人は、人に傷つけられたとき、『この人は間違っている』と攻撃しがち」
→まるで私のことを言ってるようです。気づかないうちに、というのは怖いですね。文字通り気付かないわけですから。貴重な気づきをありがとう!

社労士試験に合格したのだからこの資格を活かす「べきだ」と強く思いすぎると、社労士資格を活かしていない環境に対して凄い怒りと焦りを感じるでしょうし、社労士資格を取ったんだから開業する「べきだ」と強く思いすぎるとサラリーマンである自分をすごい
不満に思うでしょうし。でもそれってもったいないですよね。社労士試験に合格しない方が幸せだったかも知れませんよね(笑)。

というわけでお互い徐々にステップアップしていきましょう。

今回もかおり先生の講義ありがとうございました。
メンタル行かんでええかな(笑)。

2007/07/18(水) 01:02:56 | URL | [ 編集]

ふうこ

『』

かおりさんの日記はいつも講義のことを書いて下さるので、それで勉強させてもらっています。(感謝です。)

私は「○○するべきだ」という思いがすごく強い方で、そのことで自分の視野を狭めていると同時に、意志に沿わなかったものを随分切り捨ててきた気がします。

自分のためにも、もう少し柔軟に生きたいんだけどね~。

2007/07/18(水) 09:33:20 | URL | [ 編集]

かおり

『』

最キッカーさん。
コメントありがとうございます。
きゃ~、メンタル、ちゃんと後期も通ってね!!
私はあくまで衛藤先生の宣伝のために書いているだけなので(>_<) 営業妨害になったら大変だっ。
でも、気づかないうちの「べき」は怖いよね。
私は一応、開業はするつもりだけど、あんまり「社労士の仕事はこうであるべきだ」とか思いすぎずに、やりたい形で、自分らしくやっていこうかな、と思います。
これもまた衛藤先生の言葉だけど、死んでから神様の前に言ったとき、「なんでもっと出世しなかった」「なんでもっと稼がなかった」なんて怒られることはないはず。怒られるとしたら、「なんでおまえにはおまえの良いところを与えたのに、もっと自分らしく生きなかったんだ」というようにだろう、と。
価値観が違う限り、「成功」も人それぞれだから、もっとマイペースに、自分がそこまで無理することなく、楽しくできることを追い求めていこうかな、なんて思うこの頃です。
今年前半は微妙に無理をしていた気もするので、今はちょっとゆっくり。
最キッカーさんもぜひ、大平さんのプラネタリウムで癒されてきてください☆

ふうこさん。
コメントありがとうございます。
メンタルのメッカは大阪ですので、是非是非、体験講座だけでも行ってみてくださいね!(本当、最近、回し者みたいだな……(^_^))
http://www.mental.co.jp/
私も本当、「べき」の思考によって、自分で自分を追いつめちゃうタイプなので、ふうこさんの気持ちも分かります(私はふうこさんみたいに頑張っている人間じゃないので、同じだとか言うのもおこがましいですが……)。
でも、「気づけたら半分、治ったようなもの」とも言いますし、気づいたときに「こんなんじゃだめだ」と思うのではなくて、「気づけるくらい成長した。良かった」と思えばいいのかもしれませんね。

2007/07/18(水) 10:06:48 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nagiday.blog59.fc2.com/tb.php/212-24d8c026
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。