スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

banner_02.gif←クリックで順位が上がります。応援お願いします!

sora.jpg


今日の朝、そらが亡くなってしまいました。
一週間前の金曜日、急に吐き始めたと思ったら、食べ物を受けつけなくなり、土曜日に病院に連れて行ったら脱水症状がひどいと急に入院することになり、そのまま治療しても元気になりませんでした。
胃に何かが詰まっているようだということが分かり、木曜日に胃を開く手術をしました。手術は無事成功し、「抜糸は一週間後だけれど、ご飯を食べられるようになったら退院できる」という話で、少しずつ元気を取り戻してきていましたが、今朝、突然電話があり、「昨日の夜から低血糖になり、今日の朝、息を引き取った」ということでした。

まだ2歳と少し。フェレットの寿命は6~10年と言われているし、今まで病気一つしたこともなく、一週間前までは普通に元気だったので、命のはかなさにショックを受けました。
今まで、金魚・ドジョウ・カブトムシくらいしか飼ったことがなかったからというのもあるかもしれませんが。

命とか健康とかって、当たり前のもの過ぎてなかなかそのありがたさに気づけないけれど、自分が生きていること、自分の大切な人が自分と同じこの時間に生きていることというのはすごい奇跡なのかもしれないですね。

今回、胃に詰まっていたのは多分毛のかたまりということで、しっかり抜け毛のケアをしていなかったこと、毛を排泄する薬を普段から飲ませるという知識を持てていなかったこと、異変にすぐに気づけなかったこと……なんか色々反省することが多く、もっと、ああしてあげればよかった、こうしてあげればよかった、という後悔の念が沸いてきます。

もう一度、幸せは決して未来や過去にあるものではなくて、「今・ここ」こそが大事なのだということを見つめ直して、本当に大切なものを大切にする時間をきちんと取って行かなくては、と思います。
みなさんも是非、身近な誰かや自分の死のとき後悔しないように、今できることを大切にしてくださいね。

今日はスキルアップの講義だけは受けてきましたが、懇親会は当日キャンセルしちゃいました。
ジョニーさん、ご迷惑おかけしました。すみません。

明日はペット葬のところに行って、火葬してもらおうと思います。
しばらく遺骨は家に保管かな。どうするものなのだろう……。
悲しいときに変に気持ちをごまかそうとすると、逆に立ち直りが遅くなるというのは、経験則でも分かっているし、メンタルでも習ったので、しばらくはちょっとローテンションで無理せずいきます。

ここ数回の記事のコメントやメールなどで、そらの回復を祈るメッセージをくださった皆様、どうもありがとうございました。

人気blogランキングに参加しています。ご協力ありがとうございます!

2007/07/07(土) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(18)

«  |  HOME  |  »

鉄心

『』

残念でしたね。
我が家にも高齢の猫が居りますので、他人事ではありません。
今はただ、冥福を祈るばかりです。

お気を確かに。

心中、お察しいたします。

2007/07/08(日) 09:44:16 | URL | [ 編集]

マール

『』

もうすぐ退院かなって思っていました。
こんな結果になってしまい言葉もありません。
うちの猫も心臓に穴がみつかり生死をさまよったとき
化け猫になってもいいから生きていてねと思いましたもん。
なんどか動物との別れを経験してきましたが
やはり、いずれもとても辛いものでした。
同じペットを飼うものとして、
かおりさんのお気持ちを思うと私も胸が痛みます。
幸せは「今・ここ」にあるという言葉を私も胸に刻んで
すごしたいと思います。

かおりさんがまた元気に笑顔を取り戻されますように。

そして、そらちゃんのご冥福をお祈りいたします。



2007/07/08(日) 10:20:20 | URL | [ 編集]

いりこだし

『』

悲しいですね。。。

でも、かおりさんにとってそうであるように、そらちゃんにとってもかおりさんとの時間は幸せで、楽しく、そして充実していたと思います。

ご冥福をお祈りします。

2007/07/08(日) 13:14:29 | URL | [ 編集]

かぱ子(kapako)

『』

たくさんの思い出を胸に抱えて、
そらちゃん、どうか安らかに・・・。

2007/07/08(日) 17:09:44 | URL | [ 編集]

コンちゃん

『』

そらちゃんのこと・・・、
心中、お察しいたします。

私も動物(犬)を飼っていたことがある為、なんだか人ごとでは
ない思いです。
かおりさんの優しい文面から、そらちゃんは幸せなフェレットだったのだなあ。と思いました。

そらちゃんのご冥福、心よりお祈りいたします・・・。

2007/07/09(月) 03:40:27 | URL | [ 編集]

とうふ

『』

こちらのBlogで、快方に向かっていると書かれていたので、大変残念なことになってしまいましたね。
お気持ちお察しいたします。

命のはかなさを一番感じるのは、今回のような身近なパートナーを失った時だと思います。

ご冥福をお祈りいたします
-合掌-



2007/07/09(月) 05:09:58 | URL | [ 編集]

かおり

『』

皆様、温かい言葉をどうもありがとうございます。

鉄心さん。
初コメントでしたっけ? ありがとうございます。
鉄心さんのネコさん、長生きするといいですね!

マールさん。
あたたかいコメント、ありがとうございます。
別れというのは何度経験しても慣れるものではないのでしょうね。
空のケージやたくさん残っている餌などが淋しいので、しばらく経って落ち着いたら、そらの生まれ変わりを探しに、フェレットワールドに行こうと思います(笑)

いりこだしさん。
ありがとうございます。
いりこだしさんは頻繁にコメントをくれるわけではないけれど、要所を押さえている感じで、その気遣い、さすがですね。
そらにとっても幸せな2年間だったなら、良かったなと思います。

かぱ子さん。
少しご無沙汰してしまっていますが、お元気ですか?
コメント、ありがとうございました。

コンちゃん。
コメントありがとうございます。
そらのことは、私より旦那さんが本当、すごいかわいがっていたので、それだけでも、幸せな人生だったのではないかなと思います。
旦那さんがそらのために飼ってきたおもちゃが、今も家で氾濫しています(^^;)

とうふさん。
いつもあたたかいコメントをありがとうございます。
予期できかった死というのは、覚悟の上で迎えた死よりつらいですね。
よく「あと3日で死ぬとしたら何をしたいか?」などという問いが書かれている本などありますよね。そして、「どうして3日あったらできることを、一生かけるとできなくなるのか」という言葉が続きます。
悔いなく生きるというのは、前に向かって突っ走る人生ではないのかもしれないな、などと感じました。

2007/07/09(月) 10:17:52 | URL | [ 編集]

のん

『』

大切なご家族が亡くなられたんですね・・・残念です。。。
突然のお別れだったので、時間が経つとともに
寂しさや悲しさがあふれてくるのかもしれませんね。。。

でも、あまり自分を責めないでください。
そらちゃんはきっと、かおりさんが自分の為に
悲しんでいる姿よりも、自分との楽しかった思い出を胸に
微笑んでいる姿を望んでいると思います。

そらちゃんはかおりさんと楽しい時間を沢山過ごして
きっと幸せだったと思います。
そして、かおりさんの思い出の中に生き続けることで
これからもずっとずっと幸せです。

そらちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

2007/07/09(月) 13:25:11 | URL | [ 編集]

がおちゃお

『』

入院されたということで、当然元気になるものと思っておりましたが、獣医さんでもだめな時があるのですね。

私も今年、13年ほど生きてきた犬が死んでしまい、'49日'も過ぎたので、動物愛護センターでもらうことになっています。
死んでしまった犬も動物愛護センターでもらった犬でした。

ご冥福を心よりお祈りいたします。

2007/07/09(月) 23:20:24 | URL | [ 編集]

かおり

『』

のんさん。
いつも温かいコメントをありがとうございます。
空のケージが淋しかったので、何枚も写真を貼ってみました。
ちょっといい感じです。
あまり意識していなかったけれど、家事の合間とか、ちょっとリビングに行くとき、いつも「そら、起きてるかな」と覗いたり、大きな音を出してしまうと、「あ、起こしちゃったかも」とか、いちいち思っていたんだなぁ、と今になって気づいたりしています。
でも、元気に暮らしているので、大丈夫ですよ。
ありがとうございます。

がおちゃおさん。
コメントありがとうございます。
13年……長く一緒にいればいるだけ、別れはつらいですよね。
でも、Jrを飼い始めようというくらい立ち直られたのですね。良かったです。
動物愛護センターでもらうというのもいいですね。
きっと、また、かわいい子が来ますね!

2007/07/10(火) 10:15:16 | URL | [ 編集]

まきまき

『』

 そらちゃん、残念だったね。
 
 年賀状にそらちゃんの名前があり、「子供が生まれたんだ」と思ったらそらちゃん(フェレット)だったのをよく覚えています。

心よりご冥福を申し上げます。

私もそのうちフェレットワールドに行ってみるよ。

 
  

 

 
 
 

2007/07/10(火) 11:53:39 | URL | [ 編集]

-

『』


ウチにも10歳のワンコがおりますが
一緒に生活している家族に
居なくなられてしまうのは
本当に悲しくて、寂しいですね。。。

そらちゃんにとって
かおりさんと暮らした時間は
本当に幸せだったと思います。

そらちゃんは、かおりさんの笑顔が好きだと思うので
そらちゃんのためにも
早く、かおりさんに笑顔が戻りますように・・・。

そらちゃんのご冥福をお祈りしております。

2007/07/10(火) 16:23:50 | URL | [ 編集]

かおり

『』

かわ。
コメントありがとう。
そらは私が産んだんじゃないけど(^^;) かわいい一人娘だったからね。
フェレットワールド、是非行ってみてね。


匿名さん。
ごめんなさい……お名前が分かりませんが、あたたかいコメントをありがとうございました。
さびしいなとため息をつく代わりに、ありがとうと呟くようにしていこうと思います。
わんちゃん、長生きするといいですね! 悔いなくかわいがってあげてください。

2007/07/10(火) 21:53:06 | URL | [ 編集]

ほら

『』

そらちゃん。残念でしたね。

大切にしていただけに悲しいと思います。

実は、私も動物好きで今までに犬、猫、あひる、インコ、ハムスター、ウズラ、熱帯魚といろいろな動物を飼っていました。


大事にしていればしているほど亡くなってしまうと悲しいです。特に10年以上生きた犬と猫が亡くなった時は本当に悲しかったです。

さぞかし、そらちゃんを大切にされていたことと思います。
そらちゃんのご冥福をお祈りしております。

2007/07/11(水) 11:55:36 | URL | [ 編集]

かおり

『』

ほらさん。
コメントありがとうございます。
すごい色々な動物を飼ったことがあるんですね。
次は是非、フェレットを!(笑)
気持ちは大分落ち着いてきました。
ありがとう。
今日はすごく久しぶりに虹を見たので、そらの魂が天国に行ったのかなぁなんて思いました。

2007/07/11(水) 19:15:54 | URL | [ 編集]

おっさん

『』

・・・そうだったんですか・・
きっと天国から見守ってると思います

2007/07/11(水) 23:12:28 | URL | [ 編集]

てぃかの

『』

かおりさんのmixiのトップページの写真といえば、常にフェレットの「そら」ちゃんでしたよね。
それがすごい印象的でした。

まだまだこれから、もっと長く一緒に生きていける年齢なのに、突然の死別は、すごい悲しく寂しいものだと思います。
俺も2月に犬が亡くなりました。
これでもかッ!!!ってくらい泣きました。
もっとこうしてあげたかった。
もっとあぁすればよかった。
幸せだったかな?
(今、コメントを書いてるのに、泣きそうになってきました)
いろんなことを考えました。

そらも、きっと天国から今までとかわらない視線を送り続けてくれると思います。
感謝の気持ちを込めて。

俺はそう信じています。

2007/07/12(木) 00:22:25 | URL | [ 編集]

かおり

『』

おっさんさん。
コメントありがとうございます。
あと一ヶ月と少しで本番ですね、頑張ってください!

てぃかのさん。
コメントありがとうございます。
てぃかのさんのわんちゃんも、てぃかのさんにすごいかわいがってもらって、幸せだったと思いますよ。
楽しかった思い出だけ大切にして、前に進もうと思います。
ありがとう。

2007/07/12(木) 11:31:37 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nagiday.blog59.fc2.com/tb.php/210-c08fc35b
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。