スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

メンタルヘルス4&名言セラピー

banner_02.gif←クリックで順位が上がります。応援お願いします!

週末はなかなかブログを書けず、金曜日のこと→月、土曜日のこと→火 と、3日遅れで書きます(笑)

メンタルヘルスのセミナーは、4回目で初めて、衛藤先生が来られず、他の先生でした。
最近、夢に出てきてしまうくらい、衛藤先生のファンなので(笑)、ちょっと淋しかったですが、でも林先生は林先生で、とても分かりやすく、良かった。

4回目は、色々なカウンセリングの手法の紹介、というテーマ。大学時代、心理学系の授業もいくつかとっていたので、「行動療法」や「認知療法」などは知っていたけれど、本当、メンタルヘルス協会の説明は分かりやすく、「あ、なるほど、そういうことか」と思う。
たとえば、やる気が出ないときに、「やる気にならなきゃ、元気を出さなきゃ」と思っても、どうにもならない。そういうときは、一歩、とにかく動いてみる。嫌だなぁと思いながらでもいいから、手を動かしてみる。そうすると、一歩動けば一歩分、見える世界が変わる。そうすると、心の状態も変わらざるを得なくなる。
とのこと。
確かにそうだなぁ。

あとおもしろかったのは、「ライフ・ライン」を描くというもの。生まれてから今までを振り返って、感情の起伏を一本の線(波)で書く、みたいなもの。
同じ班の人と見せ合って、「ここはなんで凹んでいるの?」「失恋したんで」みたいな会話を普通にしていた。おもしろい(笑)
でも、自分で描いてみておもしろかったのは、私の感情が落ち込むときは、夢に挫折したとか、仕事を辞めたとか、「目標の喪失」が大きな原因で、失恋は一個も凹みの原因になっていなかったこと。他の人はほとんどみんな、凹み=失恋、みたいだったのに。
まぁ、私の場合、すべての失恋が10年近く昔だからというのもあるかもしれませんが(^_^;) ときめきたいねぇ(笑)

終わってからはまた飲み会へ。といっても、また1時間くらいしか時間はなかったけれど。
でも、このセミナーに来ている人には魅力的な人が多く、話していてとても楽しい。場の空気を読めずに、自分のことを話しまくる、という人が私は本当苦手なのだけれど、そういう人がいないのは、やはりメンタルで「聴くこと」の重要性を言われ続けているせいか、それとも、もともとそういうことに意識を向けられる人が、こういうセミナーに来るということか。
本当、心地よく時間を過ごせるのが幸せ。
このあいだは、ずっと笑顔で、とても初対面とは思えない気分にさせてくれる方などもいて、心からすごいなぁ、と思う。
しかも仕事はPC関係らしいのだけれど、それで周りのみんなが、「機械相手の仕事なのに」という反応をしたら、「でも結局仕事というのは、突き詰めていけば、どんなものでも人相手ですよ」と。そうだよなぁ。

後期8回も申し込んだし、都合が付く限り、何度も再受講したいな、とも思っている。
ということで、これからもよろしくお願いします!


あと、下の方になってしまったけれど、私の愛読メルマガ「名言セラピー」が、日曜日ついに「1000本」達成らしい。
http://blog.mag2.com/m/log/0000145862/
毎日毎日、1000回もメルマガを出すなんて、本当すごいなぁ。
ひすいさんも、元衛藤先生のセミナーの生徒らしく、衛藤先生の考えなどにもかなり刺激を受けて、メルマガを始めたらしいけれど、思いついて、動き始めて、それを継続するって、すごいことだと思う。
衛藤先生のセミナーも、昔は10人くらいしか生徒がいなかったらしいし、少しずつ何かを変え、改善しながらも、とにかく続けていく、その姿勢は見習わないといけないな、と感じる。
あと、衛藤先生とひすいさんのしていることは、ゴールは同じでも、手段が違う(ひすいさんはとにかく、人前に出るより、文章で勝負しているという意味で)。でも、手段なんて、自分にできるもの何かひとつを選べばいいってだけなんだね、きっと。
しっかりしたゴールを見ていれば、ツールは時々変わるかもしれないけれど、それはそれでいいのかもしれない。でも、ひとつツールを見つけたら、それを磨いていくのも大切だろうな。

人気blogランキングに参加しています。ご協力ありがとうございます!

2007/05/14(月) | メンタルヘルス | トラックバック(0) | コメント(10)

«  |  HOME  |  »

おっさん

『』

こんばんは!
メンタルヘルス僕、最近興味あって書店で
ちょくちょく読んでます なんとメンタルヘルス検定
っていうのもあるみたいです
僕もメンタルヘルスの大切さわかりますし
いい先生方との交流羨ましいです
頑張って合格するぞー!!
また色々教えてくださいね(*^_^*)

2007/05/14(月) 21:48:45 | URL | [ 編集]

かおり

『』

おっさんさん。
コメントありがとうございます。
メンタルヘルスの検定って何が出るんでしょうね?(笑)
でも、知識だけあるだけではダメで、どれだけ目の前の人と良い関係を築けるかでしかない気もします。
おっさんさんなら、向いてそうですよね!
是非、合格して自由な時間ができた暁には、衛藤先生のセミナーも受けてみてくださいね。

2007/05/14(月) 22:06:25 | URL | [ 編集]

最キッカー

『充実した週末ですね!』

「ライフ・ライン」は面白いですね。
今までの感情の起伏を振り返るって言うのが新しいですね!
将来のライフプランを考えるセミナーはたくさんあるけど、過去を
振り返るというのはたまにはいいかもしれませんね。
私も場合過去を振り返るといっても「職務経歴書」を作成するときとか仕事のことだけですし。恋愛とか振り返るのもいいですね。

>場の空気を読めずに、自分のことを話しまくる、という人が私は本当苦手なのだけれど
→私も苦手です。っていうか嫌いですね。
 某ファーストフード時代に学んだ「アクティブ・リスニング」、失業 中の職業訓練で受講した「キャリアコンサルタント養成講座」で
 学んだ「傾聴」は今でも役立ってます。

「名言セラピー」私も購読してますよ!
でも読まずに溜まって行ってますが(笑)。
1000回はすごいですね。まさに継続は力なりです。
しっかりしたビジョンを持って取り組んでいればいつかは
道が開けるということですね!

かおりさんも負けずにこのブログを数十年続けてください!


2007/05/14(月) 22:27:54 | URL | [ 編集]

水越幸彦

『メンタルヘルス』

私は、今衛生管理者として職場でメンタルヘルスを研究しています。法律的なことを勉強するため「健康管理等の法律実務」(山嵜信憲著)をよんでいます。もっと心理学の面も研究する必要があるのかもしれません。私も衛藤先生の本を読んでみようと思います。

2007/05/14(月) 22:29:47 | URL | [ 編集]

かおり

『』

最キッカーさん。
コメントありがとう。
最キッカーさんもけっこう場の空気を敏感に感じ取れる、でも神経質すぎない心配りがあって、いいな、と思いますよ!
けど、世の中、そういう気遣いができない人って多いですよね。
私の課題は、頷いて聴くことはできるけれど、効果的な質問を投げかけられないところです。それができるようになれば、もっと価値ある話を色々な人から聞くことができるようになるんじゃないかな、と感じています。
「名言セラピー」はいいですよ~。毎日欠かさず読んでいます。本も買って持っていますし、メルマガで薦められているとおり、人に勧めたり、買ってプレゼントしたりもしています。
尊敬する人、ベスト5に、ひすいさんも衛藤先生も入りますね(笑)

水越さん
コメントありがとうございます。
水越さんの勉強は本格的ですね! 今度色々教えてください! 私もちょっとずつ勉強を深めていこうと思います。

2007/05/14(月) 22:39:12 | URL | [ 編集]

直次郎

『なるほろ~♪』

ランキング23位ですね、
素晴らしいっv-221
目指せトップv-237

『やる気が出ないときには、
一歩、とにかく動いてみる。』
ですか・・・

今のオイラには必須の考え方ですね。
どうもありがとうございましたv-10

2007/05/14(月) 22:46:14 | URL | [ 編集]

ほら

『メンタルヘルスの勉強したいですね。』

メンタルヘルスすごく興味がありますね。
これってかなり社労士業務につながってきますよ。

実際に社会保険の仕事をするとわかると思いますが、世の中にうつ病で労務不能になる方はたくさんいます。

うつ病になる人って本当に多いです。今まで会社で10人以上うつ病になった人を見てきました。

うつ病の人と話をすると悩みが多いので話が長くなります。そして、まじめに話を聞いていると会社の上司から「話が長い。もっと早く電話を切れ!」と怒られたりします。

そして、うつ病で休職をしていると人については給料から社会保険料が給料から引き落せないので、電話をして「社会保険料を払って下さい」「保険料払わないなら会社を辞めて下さい」という感じに、うつ病の人からでも、何がなんでも保険料を回収しないといけません。

時には容赦なく、「保険料を払わないなら傷病手当金も申請しない、社会保険の喪失手続をさかのぼってする」と強気にでたりしないといけない時もあります。

また、会社でうつ病になると家族からも苦情が来ます。会社でいじめられたからこうなったんだ。これは会社のせいだ!
こういう感じに、うつ病から大きな労働問題に発展していきます。
そうなるとなかなか大変だったりします。


こんな風に泥沼状態になる前に、私もメンタルヘルスの勉強をして、職場からうつ病になる人を1人でも減らせるようになれたらいいのにって、今になってやっと気がつきましたね。

たぶん当時の私は、自分の事でいっぱいいっぱいで人に気を配る余裕などなかったんでしょうね・・・・



「ライフ・ライン」面白いですね!!

ちなみに、私の場合は失恋をするとかなり凹みます。
仕事を辞めたり、目標を失ったりしてもそんなには凹みませんね。
私はかなり仕事で怒られるのには強いですが失恋にはかなり弱いですよ。


2007/05/14(月) 23:39:48 | URL | [ 編集]

かおり

『』

直次郎さん。
コメントありがとうございます。
このランキングというのは不思議ですね……。まじめに更新して入れば上がるというわけでもなく、更新をさぼっているときにふっと上がると自分でも「???」という感じです。
応援してくださっている皆様、ありがとうございますe-267

ほらさん。
コメントありがとうございます。
本当、うつ病の人は多いと思います。小説を書いていると、内にこもった性格の人とも多く会い、その結果、心を病んでいる人にも必然的に多く会います。
そしてその結果思ったのは、申し訳ないけれど、私はそういう人と上手くつきあえないなぁ……ということですね。
だから、病気の人のカウンセラーなどはできないと思いますが、そうならない前に、ちょっと話を聞いて、支えてあげたり、そういうことはできたらいいな、と思います。
鬱病の人から社会保険料を取り立てる仕事もできそうもないです。けっこう、私も心が弱いんでしょうか?e-330

ほらさんも失恋に弱いんですね。純粋なんでしょうね!
私はでも、本当に大事な人と別れた経験がないっていうだけかもしれないです。

2007/05/15(火) 10:47:57 | URL | [ 編集]

ほら

『やりがいもありますよ』

お疲れ様です。

ちょっとおどかしましたが基本的には、うつ病の人と接するのも、社会保険料を払わせるのも会社の人事の仕事になります。

だから社労士の仕事として、直接うつ病の人と接したり社会保険料を払え!!と言ったりすることはありませんので大丈夫ですよ。


かおりさんも日々悩んでいる人事担当者を助ける社労士になられるといいのではないかなと思います。

うつ病の人と接するのは大変ですが、傷病手当金や労災申請がうまくいくと「助かりました。本当にありがとうございました」って言われたりします。その時は、「大変だったけど頑張って良かった~」と思えるようになりますよ。

かおりさんも、これから困っている人を助ける社労士になってくださいね。

2007/05/15(火) 23:30:27 | URL | [ 編集]

かおり

『』

ほらさん。
先輩らしいアドバイス、ありがとうございますe-420
私もほらさんに追いつけるように頑張ります!
本当、人を支えたり、サポートしたりできる人になりたいな、と思います。まずは「話すとほっとする」と言われる、あたりを目標にします☆
これからも色々教えてくださいね。

2007/05/15(火) 23:58:26 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nagiday.blog59.fc2.com/tb.php/192-4d9c5c91
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。