スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

桜&60歳以降の

banner_02.gif←クリックで順位が上がります。応援お願いします!

ランキング、現在30位くらいです。
もうちょっとで「25位以内」に入れそう。
応援お願いします!

070225.jpg

このあいだの日曜日、新宿御苑に行ったら、桜が咲いていた。多分、そめいよしのではなく、早く咲く品種なのだと思うけれど、満開の桜は、春の予感をくれて、幸せな気分に浸れた。

ただ、私はどうも先週末から体調を崩し気味で、花粉症が悪化したのかと思ったら、熱も出てきた。風邪かも……。
かなりつらいのだけれど、これがもし花粉症だったら、この症状に2ヶ月ほど苦しめられることになるわけだから、熱が出て「風邪」っぽくなってきたのは、ありがたい(笑)
ともかく早く復活できるといいなぁ。


あと、日曜日は、新宿に行ったついでに、本屋でしばらく「お勉強」。
60歳以降の「継続雇用」と「再雇用」について調べたいことがあったので、そのあたりの本をがっさり持ってきて、しばらく読みあさっていた。新宿では、ジュンク堂(以前三越があったところの上の方)には椅子があってありがたい。
やはり継続雇用はまだ旬という感じで、いろいろな本が出ている。就業規則の直し方、賃金の決め方、助成金のもらい方など、必要なことがコンパクトに載っているものも多く、一冊は持っていても良さそうだ。

企業のための65歳雇用延長制度導入マニュアル企業のための65歳雇用延長制度導入マニュアル
布施 直春

日労研 2005-10
売り上げランキング : 135166

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ただ、初めて知ったのだけれど、「労務行政研究所」というところの出している本は、すっごく密度が濃く、圧倒された。「労政時報」という、人事コンサルのための専門雑誌を出しているところらしい。
「労務行政研究所」のホームページへ

60歳超雇用制度設計と処遇の実務―改正高齢法への対応 解説と事例60歳超雇用制度設計と処遇の実務―改正高齢法への対応 解説と事例

労務行政研究所 2005-10
売り上げランキング : 433836

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これとか、とてもおもしろかった。いろいろな会社の60歳以降の賃金を比較していて。ただ、高かったので、買わずに断念(^_^;)
こういう本、定期購読するくらい、稼げるようにならなきゃなぁ、などと思いました(笑)
ま、でもあせらず、ちょっとずつ進みます。
まずは風邪を治さなきゃ……。
皆様も風邪と花粉症には気をつけてください!

人気blogランキングに参加しています。ご協力ありがとうございます!

2007/02/27(火) | 本の感想 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

訪問者

『労政時報』

 「労政時報」、なかなかいい雑誌ですよ。
私も結構前から少し読んでました。
データ面も、コラムも、読み応えあります。

 60歳以降の働き方については、マスメディアなどで
取り上げているとおり、すでに定年制を廃止している
ところ、定年後、再雇用するところなどさまざまかと
思います。

 労働力人口の減少と年金支給開始年齢の引き上げに
どうしていくか、これから目が離せないところですね。
生涯現役の人も(特に技術系など)、もっともっと出てくるか
もしれません。

2007/02/27(火) 19:15:15 | URL | [ 編集]

かおり

『』

訪問者さん。
コメントありがとうございます。
「労政時報」、密度がすごいですね。その分、価格も(>_<)
せめて「ビジネスガイド」とか「SR」くらいは毎月買うべきかなと思ったりするんですけど。
開業してやっていこうと思ったら、情報と人脈が命ですよね。

60歳以降の働き方は、その人の持つ技術や意欲によって変わってくるのでしょうね。
60歳以降=経験と知識が豊富、と単純に思われがちですが、このあいだ読んだ本には、「永年勤めていっても、自主的に能力を開発し続けられるのは1割ほど」とあり、「ある程度できる」というところで、マンネリ化してしまう人も多いとのこと。
自分のことに照らし合わせても、確かにそうかもしれないな、と思いました。だから単純に、年をとっているからいい、というのもおかしいですよね。
いろいろな視点から物事を見れるようになりたいと思います。

2007/02/28(水) 09:37:49 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nagiday.blog59.fc2.com/tb.php/164-3860e220
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。