スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「マリー・アントワネット」&「土から生まれるもの」

banner_02.gif←クリックで順位が上がります。応援お願いします!

先週、社労士系のこと、かなり頑張ったせいか、今週末はプロゼミも他の勉強会も全部ないせいか、今週いっぱいは、かなり脱力して過ごしていた。
というより、久しぶりにちょっと「芸術家」っぽさを取り戻した、という感じかも。
映画を見たり、美術館に行ったりできた。
そしてちょっと自分を取り戻し、幸せな気分。
ま、もっと働かなきゃなぁ~という気持ちは最近強いんだけどね。
でも、あせらない。今は、種をまく時期。

「マリー・アントワネット」は、あまり評判が良くないらしい。「見たよ」と言うと、いろんな人に、「でも、良くないんでしょ?」と返される。まだ私の感想、言ってないのに!
ということで、私自身は、結構いいと思う。
ただ、女性のための映画って感じかな。多くの男の人には多分良さは分からない。あと、映像の「芸術」を求めるより、ストーリーというか、キャラクターの作り方あたりに焦点を当てて見るべきかも。
私がこの映画をいいと思ったのは、「固定観念からこれくらい自由じゃないと」と、学ぶところがあったから。今まで抱いていた、「マリー・アントワネット」のイメージが、自分の中でかなり塗り替えられた。そして、あぁ、こういう状況だったら、確かにこういうふうに考え、こういうふうに行動するかも……いや、私だったらもっとダメになっていたかも、とか、自分のことに置き換えて、身に迫ったものとして感じられた。それがこの作品のうまさだと思った。
ただ、そんなふうに難しく考えなくても、ファッションはとてもおしゃれで豪華だし、おいしそうなスイーツだらけだし、乙女にはたまらない映像美かも。音楽もポップで、これもまた、既成概念を壊している。
リアリティを求める人にはかなり受け付けられない内容だろうけれど、史実に基づいていようが、芸術作品は作り手のもの、という独立した考え方ができればいいんじゃないかな。
というあたりが、私の正直な感想。

あと、美術館にも行ってきた。初台のオペラシティにあるアートギャラリー。初めて行ったけれど、空いていていい。上野などとはやっぱり違う落ち着きがある。
今やっているのは、「土から生まれるもの」という展示。
http://www.operacity.jp/ag/exh80/
実用的な器などではない陶芸作品が中心で、私にはなかなか心地よい作品が多かった。
特に小川待子さんという作家の作品が良かった。私は知らなかったけれど、多分、陶芸の世界では有名な人だろう。
http://www.momat.go.jp/Jiki/S0010.html
こんな感じの作品や、もっと大きな作品も、10点以上あった。
上手くは言えないけれど、すっと入ってくるような、でも何かちょっと心に残って、心のなかをあたためるような、微かに寂しくさせるような、頭をぼんやりさせるような、そんな感じの作品。
やっぱいいよねぇ、芸術って、とよく分からないことを呟きたくなった、平和なひとときでした。

あ、でも、プロゼミの課題、全然終わってないや……。やらなきゃ(^_^;)

人気blogランキングに参加しています。ご協力ありがとうございます!

2007/02/17(土) | 映画 | トラックバック(1) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

より

『』

私も「マリーアントワネット」良かったです。
単純なのですが、ソフィアコッポラの世界がもともと好きなのと、
あ~、彼女も一人の女の子なんだなぁ…って。
そして、自分に素直に生きたくともレールがしかれ、
その中でも自分らしさを追及した女性で、
誰よりも慈悲深く、強い女性かもしれない…と。

2007/02/17(土) 23:43:24 | URL | [ 編集]

かおり

『』

よりさん。
コメントありがとうございます!
ソフィアコッポラ、他の作品の評判が高いために、今回のは……という意見が多いようですが、私は他のを見ていないので、よく分からないんですよね(^_^;)
デビュー作とか見てみたいです。
マリー・アントワネットは、本当、いい子、に描かれていましたよね。こういう描かれ方の方が、素直に受け入れられる気がしました。世が世なら、もっと幸せに生きられたのでは、と思うと残念です。

2007/02/18(日) 01:17:19 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nagiday.blog59.fc2.com/tb.php/159-680eeab7

電動ろくろトレーニング~背面挽き編02

八幡野窯は電動ろくろ・シンポのRK-3Dを33台用意してます。この規模で体験工房を開いているのは日本中を見渡してもごく僅かでしょう。ずら~っと軒を並べた数多くの電動ろくろの中から修行時代に愛用した一台を選び、準備をします。皆、珍しい物でも見...

2007/02/24(土) 20:30:36 | ガレージ陶芸体験工房 伊豆高原スタヂオ

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。