スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

感謝と反省&「セミナー講師になって稼ぐ法」

誰にでもできる「セミナー講師」になって稼ぐ法誰にでもできる「セミナー講師」になって稼ぐ法
松尾 昭仁

同文舘出版 2006-06-23
売り上げランキング : 48235
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

土曜日に出たセミナーにこの本の著者の松尾さんもいらしていて、サイン本を売っていたので買った。以前、マイミクのしゅんさんに教えてもらっていたので、ちょっと気になっていたけれど、1000円で売っているという小冊子までサービスしてもらえたので、あらかじめ買わないで良かった(笑)(でもあらかじめ読んでいたら、もっと松尾さんと話せたかもしれないから、残念とも思う)

セミナー講師の話ということで、私はもっと、あがらないで話すコツみたいなことを全般にわたって書いているのかと思ったけれど、大部分はそういうことではなくて、もっと具体的で役立つ「人のはいるセミナーを開く方法」「セミナーの準備に必要なこと」みたいな内容で、結構新しい感じがした。
ただ、松尾さんは実際に会ってみても、相当エネルギッシュな方で、おそれを知らずどんどん先に進んでいくようなタイプの方だから(と、よくは知らないけれど、そう見えた)、松尾さんだからこそできるノウハウという気もした。
ただでも、それは、経験とかコネとか人脈とかお金とか、そういう制限はない話で、だから、「本気でやろう」と思える人なら、表題通り「誰でもできる」方法なのだと思う。でも、実際にできる人は100人に1人もいないのだろうな、という気はする。
私自身は、「すごいなぁ」とは思うけれど、ここまではできないし、することを今の自分は望んでいないな、という気がした。ただあくまで「今の私」がそう思うのであって、来年の私がどう思うかは分からない。
松尾さんが10で、普通の人が1としたとき、普通の人間である私が、急に10まで飛び上がろうとしても、大けがするだけの話で、でも、こういう本を読んで、「ここまでする人がいるんだ」ということを学び、せめて、2,3と一歩ずつ階段を上る努力をすることはいいことだろう。

後半は実際にセミナーで準備することや、あがらない方法など、小さな規模であってもセミナーをする機会があったら、すぐに役立つことが書いてあり、良かった。結構、さらりと小さく、「おぉ、なるほど」と思えることがちりばめてあり、さらりと読めるわりに、付箋だらけになった。

と、本の感想はここまで。

もう一つのタイトルの「感謝と反省」だけれど、このあいだ、セミナーについて書いた下の記事を読んで、社労士の先輩が、親切なメールをくださった。
合わないと分かっただけでも良い経験だったんですよ、というような決して私の考えを否定しない内容だったけれど、でも、セミナーに出席するときはこういう視点を持つともっといいかもしれませんよ、などアドバイスをくださり、まだまだ自分は視野が狭かったということを反省した。
やはり先輩方はもっといろいろなことを見て、いろいろなことを考えているのだな。
一度しか会ったことのない後輩に、そういうあたたかいメールをくださった先輩に感謝の気持ちでいっぱいです。

人気blogランキングに参加しています。ご協力、ありがとうございます!

2007/01/30(火) | 本の感想 | トラックバック(0) | コメント(3)

«  |  HOME  |  »

しゅん

『』

こんばんは~。
この本読んだのですね。松尾さんってどんなひとなんだろう?とかどんなセミナーの話するんだろうって考えてました。
かおりさんからはいろいろなことをもらってばっかだったので、なんか与えられるものはないのかな~って思ってたんですけど、この本が多少でも参考になってもらえればよかったです。

竹内先生の本はまだもうちょっと残ってますが、かなり内容がこいですね。いろいろ考えられさせます。きずいた点は、経営者(社長)も悩んでるんだな~ってことと、独立開業するぞ~っという信念みたいのがあればなんとかなるもんなんかな~ってこと。私は、知識が無いとか金が無いとか心配ばっか。心配するより行動あるのみなんですね。

あとFPは2級(AFPなし)を独学しようかとおもってます。2級であれば更新料がないとのことで、2級とれば後でAFP認定講習でとれるし、AFPはもっと余裕できてからでいいかな~って思ってます。

2007/02/01(木) 22:39:38 | URL | [ 編集]

かおり

『』

しゅんさん。
コメントありがとうございます。
松尾さんは多分、本から想像する通りの方です。ま、実物を見てから本を読んだからそう感じるのかもしれませんが。
竹内先生も本のイメージ通りの方だった気がします。
ただ、社労士として細々とやっていくことは、半分以上の人ができるんじゃないかな、という気はしていますが、成功できるのは、一握りだな、ということはこの頃、感じています。
みなさんそれぞれ、違うことをされてはいますが、成功している人には「あぁ、この人には○○があるから成功しているんだ」という理由はあるんですよね。
つまりは、そういう理由がないと、やみくもに「頑張る」だけでは成功できないのがこの世の中の仕組みなのだと痛感しています。
○○の中にはいるのは、半分以上の人に当てはまるのが「営業力(人にすぐ気に入ってもらえる力)」と「行動力」、それ以外の人は、「世の中の新しい流れをつかむ力」とか、「分析力」とかかな(でも、それにしても、+行動力、かも)。
最近、自分の強みは何か、かなり真剣に考えています。

私も、FPはとりあえず2級でいいかなぁ……と思っているところです。ただ、2級からAFPに移るには、また試験を受け直さないといけないから、手間ではあるんですよね。

2007/02/02(金) 16:38:18 | URL | [ 編集]

かおり

『』

msさん。
コメントありがとうございます。
2級→AFPは講座と提案書だけでいいんですね。
それはいいかも!!
「とりあえず2級」という決断に迷いがなくなりました。
ありがとうございます!

2007/02/02(金) 22:12:37 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nagiday.blog59.fc2.com/tb.php/152-c5711fa0
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。