スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

指定講習教材&教育3法改正案

今日は朝、ついに届いた。指定講習の教材。
段ボールに入っていて、結構重い。
労務六法が入っているんだから当然か。
うちは父が法律関係の仕事をしているので、「六法全書」などの背表紙を見ながらいつも食事をしていた。父は司法試験なので、及びもつかないが、文学部とか行きながらも、結局私も「六法」なんて世界に入っているのだなぁ、とちょっとしみじみ思ったりして(笑) 社労士を獲ったときに「なんで文学部なのに?」という反応をもらったりもしたけれど、私にとって法律は身近な存在なんだろうな。(あ、ただ父は公務員なので、コネとかはなにもないです(^_^;))
でもこの「六法」という言葉、なんの6つなのかと思ったが、既にもう大した意味はないようだ。(ウィキペディア参照)

課題は55種類62枚から成っていて、提出期限は5月31日。
3日に2枚ずつやらないと終わらない計算か……。
まぁ、先輩方に聞くと、まじめにやらなくてもどうにかなる方法は結構あるようだけれど、とりあえずできるところまでは自力で頑張ろう。
だって、62枚の書式とも、全部見るの初めてというレベルだし(^_^;)
仕事でどれだけ使うことになるのか分からないけれど、暇なうちにできる限りの勉強をしておくのはいいかな、という気もする。

ただ、プロゼミの方も、こういう事務的なものではない、無から有を生み出さないといけないような課題が4つあり、そっちも悪戦苦闘中。
でも、自分がしたいことは何なのか考えるよい機会になっている。

ただ、さすがに、暇人だとか言ってられなくなってきたよ……。
ちょっとずつこなしていこう。

と、思うが、今は生徒は受験のまっただなかだし、そちらも微妙に落ち着かない。今年受け持っている子はまた色々難しくて(^_^;)
その子は、第一志望校に落ちてしまって、その日はお母さんとも話さず、部屋にこもりきりだったらしい。そう聞いてから、今日は初めての授業。上手くフォローできるといいのだけれど。
でも、いろいろな先生が「扱いづらい」と言っている、かなり頑固で我が道を行くタイプの子なので、こういう言い方は冷酷に聞こえるかもしれないけれど、この時点で「自分の考えだけが正しいわけではない」ということを痛感するという経験も、彼女には必要だったのではないかな、と思っている(結局、先生の言うことをまじめに聞く子が受験では良い結果を残すしね)。
良い学校に入ることも大事だけれど、私は、中学・高校一つで、人生すべてが決まってしまうとは思わないし、試験に合格することが不合格になることより良い経験だとも限らない気がする。
まぁ、今の状態で本人にそんなことは言わないけれど、この結果から、彼女がその志望校に行くことよりも大きな学びを得てくれたらいいな、と思っている。

昨日は教育の改正案を提出したらしいし、法律を変えてすぐ、教育の質が上がるというものでもないかもしれないけれど、教育について真剣に考えるというのは良いことだと思う。
ボランティアを強制することなどは、批判する人もいるけれど、私は賛成派。というのは、自分自身、中学・高校で福祉施設などに行き、自分とはまったく違う生活をしている人のことを知り、衝撃を受けたし、勉強・勉強で自分のことばかり考えがちになっていた時期に、「人のために何かをする」という経験をしたり、「人のために何かをするということは、人のためだけではなく、自分のためにもなる」ということを学べたことは大きかった気がする。
大学時代は夏休みに本当に自主的にボランティア活動に参加していたけれど、ボランティアに参加するということの敷居を下げてくれたのは、中学・高校での経験だったと思うから。

ま、私はちょっとずつ「教育」からは離れる方向にいるし、専門家のような知識はなにもないけれど、気になりはしている、ということで。

人気blogランキングに参加しています。ご協力、ありがとうございます!


2007/01/25(木) | 開業にむけて勉強 | トラックバック(0) | コメント(13)

«  |  HOME  |  »

こねこ

『』

同じようなことがあります。
うちの父は、大の株好き。

あたしはといえば、数字が苦手で、バリバリ文学系でしたが、
20代後半に転機があって、経済系のお仕事、株とかにかかわるようになりました。

そのとき、「ほ~」と、ひとりで思ってました。

2007/01/25(木) 22:23:11 | URL | [ 編集]

かおり

『』

こねこさん。
コメントありがとうございます。
やはり血は争えないのかもしれませんね~(笑)
株は去年からちょっとだけやっていますが、難しいですね……。
今度教えてください!!

2007/01/25(木) 23:16:03 | URL | [ 編集]

よっしー

『それはすごいこと』

わたしは自分の仕事と親の仕事は全く関係がありませんので、特に思うことです。

同じような仕事をすることってすごいアドバンテージですよ。
だって、自分の最も身近な人が親身になってメンターになってくれるんですから。

わからないがあったら、ぜひ相談してみてはいかがでしょう。
きっと大変喜ばれますよ。
それも1つの親孝行になるそうですしね。

2007/01/26(金) 10:24:16 | URL | [ 編集]

おっさん

『』

僕は親とは違う感覚です!
父親は営業畑でバリバリでしたが僕はどちらかと
言うとサポートしていく方があってる気がします
法律は好きで実は大学の頃学部違うのに一時期
司法試験本気で受験しようかなって思った位
法律は好きです 色んな印象もたれがちですが
やはり知っていると有利ですし未然にトラブル防止できるから
僕も早く合格して夢は特定社労士の仕事もしたいです!
かおりさんの教育の考え僕も賛成です
ボランティアって僕は中学くらいからかやった事ありますが
とっても役にたったと思うので♪
やはり人との関係・交流は大切だとおもうので(^-^)
事務指定講習頑張って下さいね!!

2007/01/26(金) 10:59:38 | URL | [ 編集]

かおり

『』

よっしー。
コメントありがとうございます。
うちの父親は刑法の方なので、重なるところがあるか、かなり微妙ですが、判例の調べ方など聞いてみようかな。
確かによっしーは、業種的にはお父さんと違うことをしているみたいだけれど、以前、「やっぱり父親が自分で事業をしているから、自分もどんな分野であっても一人独立しようと思っていた」と話してくれていましたよ(笑) 公務員の家で育った人間とは違うんだなぁ、と感心した覚えがあります。

おっさんさん。
コメントありがとうございます。
おっさんさんのお父さんは営業マンだったのですね。
そして特定社労士! そこまで目指しているのですね。
私も以前は獲ることを考えなくもなかったのですが、やはり民事の裁判関係というのは、どろどろしていたり、いがいがしていたりする世界らしいので、それは自分のやりたいことなのかなぁ、と考えてしまっているところです。
北村先生は以前、弁護士事務所で働いていたことがあるそうですが、「あそこは事故を起こした人の後処理の現場だった。社労士の仕事は事故を起こすまえの予防ができるから、いい」というようなことをおっしゃっていました。そして、特定社労士とか、やる気はない、と。
でも逆に、竹内先生は労働問題が起きたとき、最前線に出て行って戦えるということも売りにしているとおっしゃっていました。
おっさんさんの熱意に水を差すつもりはないのですが、おっさんさんのほんわかしたイメージと特定社労士のイメージがどうも合わなかったので……(^_^;) 
でも、ほんわか調停する人とかも、いたら貴重ですよね! やりたいという気持ちがあれば、方法はいくらでもあるのかもしれません。
ボランティアについても賛同頂いてありがとうございます!
でも教育を根本的に変えるには、大学入試の科目を全面的に見直すのが一番良い方法なのではないかと思ったりしています。


2007/01/26(金) 19:53:14 | URL | [ 編集]

ふうこ

『』

かおりさん こんにちは。

FP受けてきましたよ。3級ですけどね。

私の職場にも時折、なぜか労働問題が持ち込まれるのですが
(会計事務所なのに、なんで?顧問税理士はなんでも解決してくれると思っているらしい・・・)中には訴訟になってから「どうしたらいいですか?」と駆け込んで来られます。

こういう時は特定社労士、弁護士の出番なんでしょうが、大抵は雇用主が「労基法違反」していますね。ほんと後始末的なことが多いです。
事務所と企業との契約上(=事務所の利益上)、訴訟に勝つためには経営者側の利益になることしか言いませんし。

社労士になったものの、私もまた労働問題を扱う方向性にためらいを感じています。


2007/01/29(月) 10:11:13 | URL | [ 編集]

かおり

『』

ふうこさん。
FP3級、合格確実みたいですね。しかも余裕の点数。さすが!
私は5月に3級、9月に2級の予定でしたが、こういうところでお金はけちらず、きちんとAFPの講習を受けて、一気にAFPを獲ってしまおうかなという気持ちに動いています。3級の勉強を続けながらも、ちょっと模索します。

昨日も社労士の先生から、税理士と社労士の関係についてお聞きしましたが、税理士の方がビジネスライクな人が多いから、「自分は労働紛争できます」とか、「是正勧告できます」とか具体的にできることを挙げて税理士の方に会うと、意外と実際に困っていることが多いから、仕事を紹介してもらえるチャンスはある、というようなお話でした。でも逆に、社労士ですと言うだけだと、「あぁ、事務屋さんね」みたいに軽く見られる、とか。
プロゼミの先輩や先生のお話を聞くと、どうやって代書屋のイメージを払拭するか、そこが社労士の生き残りのポイントになるようです。
プロゼミ同期で会計事務所に勤めていた人は、税理士の社労士や社労士業務を見る目はさげすんだ目で、不快だったと話していました。ふうこさんはそういうこと、あまり感じたりはしませんか?

でも……訴訟になってから……は相当きついですね。
私もADRにはあまり心が動かされませんが、そういうのが合う人には合うんでしょうね。

2007/01/29(月) 11:32:21 | URL | [ 編集]

ふうこ

『』

かおりさん、ありがとうございます。

はは。税理士から見た社労士ですか。
人にもよりますが、はっきり言って軽く見ているんじゃないですかね。
「たった1回の試験で合否決まるんだろ(運なんだろ)」「専門業務あるの?」みたいな。
税理士たちは少なくても勉強に5年以上かけていますからね。

まさしくその通りなので、あまり気にしません(笑)
分野も全然違うし。自分なりにすごく勉強したし。

私が事務所の所長(会計士)に合格を報告したら喜んでくれましたよ。「使える!」と思ったのでしょう。
国家試験の厳しさも知っているだけに「よくやったなあ」とも言ってくれました。
(所員の税理士の反応は「ふ~ん」て感じでしたけど・笑)

ただし、ほんとに税理士(会計士)から仕事が回ってくるかどうかは疑問です。
回してくる頃には上にも書いたように、「もうどうしようもない状態」でしょう。
税理士界も飽和状態ですから、食い合いです。
「代書屋」は税理士ができることも多いので、自分が取り込める仕事なら他人に回したりしません。

軽く見られがちな社労士ですが、税理士(会計士)だって企業のおエライさんたちからは「先生様!」扱いだったり、逆に顎で使われることだって多いですよ。
「高い顧問料払ってるんだからなんでも言うこときいてくれよ」ってね。
「士業」とはいえ、顧問先あっての「士」なのでお客様は神様なのです。
いくら難易度の高い試験に合格しても、社長様からみたら「いつでも変えられる注文先」なのですよ。悲しいかな、これが士業共通の現実です。

弁護士だって、社労士だって、食べていくためには要は「営業力」
「プレゼン力」そして時には「はったり」も必要だと思います(笑)
ほんとに顧問契約していると経営者はさまざまで、「素直にきいてくれる社長さん」ばかりじゃないです。
税理士に軽視されようが、社長に顎で扱われようが、「ビジネスライク」に考えないと理想論ばかりでは生き残れないんでしょうね。

合格直後、「これからがスタートです」と、言われた意味が今よくわかります。


長々とすみません。
私もこれからの自分の方向性を模索しています。

2007/01/29(月) 16:40:43 | URL | [ 編集]

かおり

『』

ふうこさん。
詳しい情報をありがとうございました!
ふうこさんは初めからそういう世界にいらっしゃるので、現実が分かっている分、どう動いたらいいかも分析できそうですよね。それは強みだと思います。
お互い、一歩一歩進んでいきましょう!!

2007/01/29(月) 23:12:26 | URL | [ 編集]

あとむ

『』

こんにちは。
親と同じ道か・・・とかおりさんのブログを読みながら昔を思い出しました。
私の母親は子育てが一段落してから、証券会社の営業をやっていました。私も就職してから、なぜ未経験だったのにそこに行ったのか聞いたところ、「たまたま経済に興味を持ち始めたから」といっていました。その時はなにも思わず聞き流しましたが、
今、私は社労士になりましたが、経済の勉強をしたくてたまりません。「世間の流れ」を知るにはやっぱり政・経が必要かと思いまして。なんとなく近いものがあるのかな・・・って漠然と思います。
因みに占いでも「母親と同じ道を歩むかもしれないわね」とも言われました。それが全てだとは思いませんけど面白いものですね。

話変わって、税理士さんから見る社労士の話。
私にも言わせてください!!
以前、お話したかな・・・私、税理士さんとお見合いしたんですよ。
丁度今年の合格発表の後かな。税理士さんということで、お仕事的にも絡みもあるし色々お話できれば・・・と思ってお会いしましたが、時間の無駄でしたね。
「社労士・・・ですか?はぁ・・・何をやるんですか?」と。
あの時の顔を見せてやりたい!!明らかに下に見ていました。
まぁ、別にいいんですけどね。会話もロクに出来ない方だったのでその日のうちに断りましたが。あれ、愚痴になってる。失礼しました・・・こんな事もありましたよ。ってことで(笑

2007/01/30(火) 11:36:31 | URL | [ 編集]

かおり

『』

あとむさん。
コメントありがとう。
またまた平日昼間にリアルタイムに気づいてしまった(笑)

うん、あとむさんはなんか社労士と言いながら、経済の方を向いているのも感じますよね。私はFPの勉強はしながらも、「お金の運用って面倒くさい」と低金利の口座に入れっぱなしだったり、株は塩漬けにしちゃったり、お金はなかなか……。でも、そのあたりにも強くなれたらいいな、とは思っています!
あとむさん、是非、おいしい投資信託とか見つけて教えてください(笑)

税理士さんは……その人がダメだっただけでは(笑)
本当の頭の良さって偏差値とか資格の難易度じゃないですよね。

2007/01/30(火) 11:43:04 | URL | [ 編集]

あとむ

『』

リアルタイムでありがとうございます(笑
私もFPには興味津々なんですが、その基礎なるものが無くて試行錯誤しようとしているんですよ。
恥ずかしい話、色々やろうとしていますが結局私も、低金利の口座に入れっぱなし。ある程度の金額になったら実家の父親に預けて、転がしてもらっている状況です^^;。もともと父はそういうのが大好きなので喜んでやってくれていますね。成績を見てくれ見てくれってせがんで来ますから。早く自分で出来るようにならないと!!

そうそう。税理士さん、その方が駄目だったんだと思います(笑
基本的に私も人を下に見る人に頭の良さは見出せませんね。

2007/01/30(火) 16:51:00 | URL | [ 編集]

かおり

『』

あとむさん。
やはりお金は自分で運用したいですよね~。
うちはおばあちゃんがすごいそういうのに長けていますが、母親はまるっきりで、私に来てさらにそれがダメダメになっています(^_^;)
あとむさんもお父さんにきちんと教わるといいですよ!

2007/01/30(火) 22:57:29 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nagiday.blog59.fc2.com/tb.php/150-9cf56f3f
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。