スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「儲けを生み出す人事制度7つのしくみ」

儲けを生み出す人事制度7つのしくみ―感動の人事制度はこうつくれ!儲けを生み出す人事制度7つのしくみ―感動の人事制度はこうつくれ!
矢萩 大輔 瀧田 勝彦 畑中 義雄

ナナコーポレートコミュニケーション 2006-03
売り上げランキング : 11655
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以前紹介した「なぜ就業規則を変えると会社は儲かるのか」の下田先生と同じ「有限会社 人事・労務」の4人が書かれた本。結構私、ここの会社の人たちの考え方、好きだなぁ。

この本はどうしたら日本において「成果主義」が成功するか、という内容だけれど、ただ賃金のシステムを整備しましょう、年功序列をやめましょう、というだけの内容ではなく、どうしたら社員がやる気になるのか、どうしたら社長も社員もハッピーになれるのかを追究しているところが良かった。
このあいだ「なぜ若者は3年で辞めるか」を紹介したけれど、こちらは「会社に期待なんかするな」というようなスタンスで書かれていて、ちょっと憂鬱な気持ちにもなったけれど、「有限会社 人事・労務」の本は社労士の人が中心になって書いているというのもあるのか、会社というシステムに希望を持っている感じが伝わってきていい。

内容は簡単にまとめると、「本当の成果主義、というのは、賃金の量ではかるものではない。仕事の報酬はお金ではなく、(より高度でやりがいのある)仕事。社員にとっては給与のアップと同じかそれ以上、上の人から認められ、精神的に満たされることは嬉しい。成果主義を採用するなら、目標管理が欠かせない」などなど。
具体的にどうやって目標を立てるように導けばいいのか、どういう賃金システムにするといいのか、という説明もあるけれど、それ以前に社長と社員がどういう気持ちで「会社」というものに向き合うべきかというところが多く書かれている。
もしすぐに役立つ辞書的な本を求めているのなら、この本はそこまで役には立たないかもしれないけれど、「結局人事制度って、人間関係とモチベーションの話なんだよね」と分かっている人には手にとってもらいたい本。

終身雇用の時代は終わったと言われてはいるけれど、社員を「育てる」ということをしっかり考えている社長の元で、確実に成長していかれるのなら、一つの会社で自分を育てるのもありなのかもしれない、などとこの本を読んだら思った。ま、私はもう残されていない道なんですけどね(>_<) ま、私はいずれ、そういう「社長」になることでも目指します(笑)

応援クリック懇願中!

2006/12/19(火) | 本の感想 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nagiday.blog59.fc2.com/tb.php/134-86bc382e
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。