スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「いちばんやさしい個人事業のはじめ方」

オール図解 いちばんやさしい個人事業のはじめ方オール図解 いちばんやさしい個人事業のはじめ方
名古屋メンターネットワーク

ナツメ社 2006-07
売り上げランキング : 17278
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

少し前に読んでいると紹介した本をようやく読み終わりました。このあいだ紹介した『女性のための「スロービジネス」入門』は、かなり人生論、精神論てきなところが多かったけれど、この本はうってかわって、とにかく「実用書」。商売を始めようと思ってから、実際に商売をはじめ、人を雇ったり、融資を受けたり、決算を計算したり、税金を払ったりするには一つ一つどういう手続きを踏めばいいのかを丁寧に説明している。
人を雇うという部分では、社労士の範囲のことも多いけれど、多くは税理士の分野なのかなぁ? 融資や税金の部分はFPの勉強と重なるところも多かったし、とにかく実際に役立つ知識がたくさん仕入れられる本だった。届け出の用紙の形式など、付録のCD-ROMに入っているし、開業直前~開業後数年は手元に置いてずっと使えそうな本だった。
開業するときに税務署に届けるということはこのあいだ行政書士の方に聞いて知っていたけれど(というか、初めて知ったけれど(笑))、青色申告をしたかったら、開業2ヶ月以内に届け出ないといけないとか、複式簿記にしないと青色申告でも65万の控除にならないよとか、売掛金と買掛金も別に帳簿をつけて回収し忘れを防ぐんだよとか……なんか初めて知ることだらけでした。
うちは親が公務員だし、旦那さんも半分公務員みたいな会社員だし……「自営業」ってなんかすごく遠い存在だったのだけれど、こんなことをしていたのね……と改めて、感心。
とりあえず二年ほど前に、文学賞の賞金にかかっていた税金を取り戻そうと、初めて確定申告(白色)をしたのだけれど、それくらいであっても、なんか経験があったのは良かったなぁ……なんてレベルです(笑)

ただ、この本を読んだときは、結局複式簿記の勉強をしないとダメってこと??と思ったけれど、1万円くらいの「青色申告」のソフトを買えば(ちゃんと65万控除対応って書かれているものを買えってことでしたが)、確定申告も問題ないようだし、とりあえず簿記はいいかなぁ。
でも、一歩先に社労士の登録をされている方には最近、社長さんと話をするときには、数字に強いと言うことも大切だよ、というアドバイスを頂いた。確かに。
今回の本にも、融資の受け方についてなどいろいろ書いてあって、でも社労士は(私は特に家で開業しようと思っているから)、開業にそうお金もかからないから、関係ないや、なんて思っていたけれど、自分が将来相談を受ける相手の社長さんは、そういう融資を受けてやっていっていたりする可能性も高いわけで、それが社労士の仕事とは関係なくても、できるだけ共通の価値観とか思考を身につけるためには、同じような知識を持っておく必要はあるのかもしれない、と思う。
……とりあえず私はFP3級・2級の予定だけれど、簿記もきっといいんだろうなぁ、ということで。

あと、融資を受けるにはというところで、事業計画と利益計画を出すということも書かれていた。私は上にも書いたように、融資を受けるつもりはないけれど、事業計画に書くことになっている「経営理念」は自分でもしっかり文書化しておきたいな、と思った。あと、利益計画も、「目標値」くらいは考えないと。

ということで、「自分が自営業を始めるなんて思いもしなかったよ。何をしたらいいかさっぱり分からない」という人には、是非、読んでもらいたい本でした。本当、「え? こんな届け出がいるの?!」「世の中にこんな仕組みがあるの?!」と結構驚けます!(私に常識がなさすぎるだけかもしれませんが……(^_^;))

人気blogランキングに参加しています。ご協力、ありがとうございます!

2006/11/28(火) | 開業にむけて勉強 | トラックバック(0) | コメント(7)

«  |  HOME  |  »

POO

『少しご無沙汰です』

かおりさん どんどん前へ進んでいらっしゃいますね。
拝見していると前向きな様子がヒシヒシと感じます(私も頑張らなければ。。。)
FPの学習はもう始められているのですか?行政書士はどうですか?
いろいろやってみたいことはありますね。
参考の本↑もまた読ませていただきますねv-426

2006/11/29(水) 13:02:52 | URL | [ 編集]

ゴロ~

『』

こんばんは。
なにか着々とって感じですよね。私なんかまだまだ、まだまだって感じですよ~。
ところでFPですがなかなかFPも深いもんですね~。そして、社労士より私達の生活に身近なのかもしれない。今FP3級は毎週1回講義(全6回)をうけてます。初めは年金とか健康保険とかでてきて、わかりやすかったんですけど、生命保険・損害保険・金融商品・TAXとだんだん難しくなってきております。でもかおりさん同様、理解ができると、こうなってたんだ~とかいう発見もあったり、楽しく勉強できております。実際講師の先生はFPで開業されている方もいるみたいで、こういう道もいいんじゃないかとか考えております。もちろんそうなると3級より先もとらねばいけないんですけどね。講師の人いわく、FPはあまり専門的なとこまでは入り込めず、その道の専門家との協力が大事だと、おしゃっておりました。社労士・税理士・弁護士とか。

ところで、新堂冬樹氏の本って読んだとこあります?表現はエグイけどストーリーにものすごく引き込まれおもしろいですよ。『黒い太陽』ってテレビでやってておもしろかったので本でもよんでみまして、それから新堂氏の作品を読むようになりました。今のところ『カリスマ上下』『三億を護れ』『鬼子』を読みましたがどれもこれもページ数ものすごいんですけど、次はどうなるの?って感じで読破できました。今は、かおりさんお勧め?の『手紙』をよんでるとこです。っていうか、勉強もしろって?感じですよね。
かおりさんも気分転換に勉強以外の本でも読んで見てくださいね。

2006/11/29(水) 22:45:36 | URL | [ 編集]

かおり

『』

Pooさん。
コメントありがとうございます。確かにちょっとお久しぶり、って感じですね(笑) でも、気が向いたときに来て頂けたら、と思います!
最近、本を読んだり、FPの勉強をしたりはしていますが(まだ3級のテキストを読んでいるだけですが)、進んでいるのかどうかは自分でよく分からなかったりします。今は、勉強するより、もっと人脈を広げて、仕事を頼んでくれそうな人を探すべきなんじゃないか、とか、いろいろ考えます。
行政書士は今はやめようかな、という方向に行っています。やっぱり自分がやりたい仕事は「労働系」(就業規則を作ったり、いずれは人事・賃金制度のコンサルタントをできるようになりたい!……と思っています)なので、行政書士のなかで、中小企業に関係のある「新会社法」など一部だけ勉強しようかな、と。そのほかの「相続」「土地の登記」などは関係ない気がしますし……。会社の登記はできるようになりたい、って気はしているんですけどね。行政書士の試験は11月なので、2,3月までには来年受験するかを決めたいと思っています。
Pooさんも忙しいと思いますが、頑張ってくださいね! でも、今は風邪がはやっているようですし、体調にも気をつけてくださいね☆

ゴロ~さん。
コメントありがとうございます!
FP、ちゃんと講座を受けられているのですね! 私はただ本を読んでいるだけの独学です。私は塾の先生などしているくせに、自分は塾とか予備校とか昔から通うのが嫌いで、ほとんど通った経験がありません(^^;) でも、いろいろな人と出会えるし、先生に話しも聞けていいですよね。FPだけで稼ぐってどうやってすると成功するのでしょうか? また話が聞けたら教えてくださいね!
あと小説の紹介もありがとうございます! 小説もちょっとずつ読んで、書いて、していますよ! 今は(今更ながら)「夜のピクニック」を読んでいます。新堂冬樹さんは、名前は聞いたことある気がしますが、読んだことはないです。アマゾンで調べると「コミック」というのも出てくるのですが、漫画化もされているということなのでしょうか? 元は小説ですか? 今度探してみますね!
おすすめありがとうございました☆

2006/11/29(水) 23:19:24 | URL | [ 編集]

ふうこ

『』

こんにちは~。
会計事務所に勤めて長いですが、個人事業主で簿記まできっちりと抑えている方はほとんどいないですね・・・。
簿記もおもしろいですが、今すぐに必要ではないと思いますよ。
それに、相手方の社長さんにアドバイスしようとなると、深い知識が必要になってきますしね。
私も今取り組もうとしているFPの知識で十分対応できるかと思います。

それより自分の確定申告時にバタバタしないように、日頃からエクセルか何かで「経費帳(現預金関係)」の記帳をコマメに作成しておかれることをお薦めします(^^)後が楽ですよ。
自宅兼事務所にされるなら、光熱費や家賃(あれば)は按分できますし、車を使ってお仕事されるなら、経費は落とせますよ。

ほんと、自営業は大変だと思いますが、私はサラリーマンを早く卒業して、個人事業主になりたいです。

2006/12/01(金) 10:55:01 | URL | [ 編集]

かおり

『』

ふうこさん。
いろいろ役立つアドバイスをありがとうございました!
今から本の領収書などは取っておくようにしているのですが、ただ銀行の封筒に入れているだけで、「これは貼り付けておくべきだろうか?」などと迷っている状態です(^^;)
あと、まずは社労士関係に使うお金、とある程度まとまったお金を一つの口座に入れて管理した方がいいかもしれませんね。「家計」と「おこづかい」の分離だけでひぃひぃ言っているのに、さらに「仕事」の3つになったら、混乱しそうです……。もうちょっとお金と数字に強くならなきゃいけませんね(一応、「算数」の先生ではあるんですけど(笑))
仕事を始めたら、「青色申告」などのソフトを買ってつけ始めようかと思っているのですが、今から買って、本代などつけ始めた方がいいのかなぁ。
これからもいろいろ教えてください! 頼りにしております☆

2006/12/01(金) 18:55:15 | URL | [ 編集]

ふうこ

『』

まず、領収書の件ですが、台紙などに貼って月単位、年度毎に綴っておくと後で見やすいと思いますね。
封筒に入れっぱなし・・・の人がほとんどですが(笑)とりあえず5年間は保管しておいてくださいね。

青色申告のソフトはいいかもしれませんね。
保守契約を結ぶと、バージョンアップなど経費はかかりますが、データーを自動繰り越しで使えますので。
ただ、仕訳入力には少しの簿記の知識が必要になってきます。
よって、最終的に貸借対照表をつけて出せばいいので、最初はエクセルなどの表計算を並行利用すればよいと思います。
同時に資産の減価償却も申告しないといけないのですが、それはいずれまた。

売掛金は請求書の日付順に請求金額を左に、回収された日を右に消し込んでいき、12/31の時点で未回収があれば売掛金として申告すればよいです。
社労士の買掛金って、なんだろうな?ちょっと思いつきませんが
これも12/31の時点で未払いの経費があれば、「未払金」として計上すればよいです。
あと現預金関係や資本金を入れておけばあっというまに複式簿記の出来上がり♪
家計簿の応用ですよ~(^^)
仕事関係の普通口座は家計と別に一つ作った方がいいですね。

ソフト購入は来年でもいいんじゃないでしょうかね?
開業は来年度になると思いますが、前年度(今年)に開業に要した書籍などの費用はどこまで参入させてよいのか、ちょっとわかりませんので、管轄の税務署にきいてから処理されるほうがいいですよ。

う~ん、とりあえずこのあたりかな?
ご参考になれば。

2006/12/02(土) 13:42:18 | URL | [ 編集]

かおり

『』

ふうこさん。
とても詳しいアドバイス、ありがとうございます!
本当、今まで、士業の知り合いなど全然いない、というくらい畑違いの生活をしてきたので、会計事務所で働いている方にアドバイス頂けるなんて、とてもありがたいです!!
とくに体調も思わしくないなか、ありがとうございます。
まずは「口座を別にする」「レシートを紙に貼って見やすく保管する」のふたつからやってみます。そのあと、青色申告のソフトについて調べたり、エクセルの勉強をしたりもしないと、ですね(エクセル……ほとんど使えません……。本当、事務関係の仕事をしたことがないとダメですね)。
また分からないことがあったら教えて頂けると嬉しいです! 頼りにしております!

2006/12/03(日) 00:29:13 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nagiday.blog59.fc2.com/tb.php/127-a2027055
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。