スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「なぜ、就業規則を変えると会社は儲かるのか?」

なぜ、就業規則を変えると会社は儲かるのか?―ヒト・モノ・カネを最大に活かす6つのヒントなぜ、就業規則を変えると会社は儲かるのか?―ヒト・モノ・カネを最大に活かす6つのヒント
下田 直人

大和出版 2005-08
売り上げランキング : 22017
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

受験生時代から下田さんのブログは見ていて(最近残念ながらあまり更新されていないようだけれど)、この本はずっと気になっていた。ようやく実務の勉強ができる身になったので、さっそくアマゾンでお取り寄せ(でもそうしたあとで、近所のSEIYUにもあることを発見。なんだぁ)。

ずっと気になっていた本だけあっておもしろかった! 最近、下手な小説より実用書の方がずっとおもしろいと思ってしまう(^^;) ちょっと脱線するけれど、このあいだ「Dr.コトー」のモデルになったという先生がテレビに出てきて、「現実の方がずっとドラマチックです」と語っていたけれど、そんな、現実の重みかもしれない。

FPや開業関係の本を読んでいると、世の中には自分の全く知らない制度とか仕組みがあって驚きの連続だけれど、この本の場合は、基本的に書かれている専門知識としては、社労士の勉強の範囲内のことなので、「あぁ、やっぱ、試験勉強は無駄じゃなかったよね」と、ちょっと自分の知識に自信が持てたりもした。「経験ないし、ゼロからのスタートです」と謙虚な気持ちを持つことも、もちろん大事なんだけれど、全くゼロな訳じゃなくて、試験に受かるレベルの知識はあって、それは他の人の頭の中には入っていないものなのであるから、そこにもっと誇りとか自信を持つことも大切だな、と。

ただやはり、「あそこで勉強したことは、なるほど、実際にはこういうふうに使うんだ」という勉強の連続だった。休日は週に1回でいいから、土日のどちらかに社員を出勤させても、休日の手当である3割5分増しにはしなくてもいい、ということは、たいていの受験生、元受験生は知っていると思うけれど、ネットに落ちているような就業規則のひな形には、そういうことはほとんど明記されていなくて、社長の方が損するようになっているとか、そういうふうに損をしないためには、就業規則からきちんと直す必要があるとか……なるほど~、と。
あと、休職制度を定める必要性のなかに、心療科的な病気な人は根がまじめな人が多いから、無理してでも仕事に来ようとして、逆にミスをして会社に損害を与えてしまうこともあるから、そういう人に、「こういう制度があるから休んでいいよ」と言えるようにするという意味でも必要……というようなことが書かれていて、こういう視点は、実務に携わって、いろいろな経験をしないと分からないことだなぁ……と思った。
そのほかにもたくさん、「なるほど!!」という要素があって、本当勉強になる。結局、自分が経験しないとダメ、という部分も多いとは思うのだけれど、今は経験を増やすということは不可能なのだから、せめて本からできるだけ多くのことを学びたいと思っている。

受かった当初は、何を勉強していいか、さっぱり分からない部分もあったけれど、この本を読んだら、もっと人事制度とか賃金の組み立て方とかそういう本も読んで知っていきたいと思った(まぁ、人事や賃金のコンサルタントをできるようになるためには、かなり経験を積まないと難しいだろうけれどね。信用を得る、という点で。でも、小さくて経験の浅い会社と、一緒に成長するという気持ちでやっていかれたら、それは幸せなことだな、という気はする)。そうやって、少しずつ興味の幅を広げ、そして深くしていければいいのかもしれないな。
将来、顧問になるとか考えたら、いろいろなことを広く浅くできるスキルも必要だとは思うのだけれど、とりあえず最近、自分の興味は「社会保険」系ではなくて、「労働」系であるということははっきりしてきた。
今日はテレビで、職場のいじめ(=パワハラ)について取り上げられていて、そういうのにもちょっと興味がある。ただ、社長の側に立って仕事をするか、従業員の権利のために仕事をするかとでまた全然仕事も変わってくると思うから、そのスタンスもはっきりさせたいと思う。

と、話がちょっとずれてきてしまったけれど、この本は本当、おもしろくおすすめ! 基本的には、労基法などまったくしらない「社長さん」をターゲットに書かれた本だけれど、いずれ社労士として就業規則を作るかもしれない、という可能性のある人は、今から読んでおいて損はないんじゃないかな。ネットに落ちているひな形とそう変わらないようなものを提出しちゃったりしないようにね。

人気blogランキングに参加しています。ご協力、ありがとうございます!

2006/11/27(月) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nagiday.blog59.fc2.com/tb.php/126-f60cec61
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。