スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オフ会!

昨日は社労士関係のmixiオフに参加してきました。
今年の春くらい初参加したオフの2回目(そのコミュニティのオフ会としては4回目くらいみたいだけれど、1,2回目のときには私は社労士の勉強をしようとすら思っていなかったはず)。ということで、半分くらいの人は、前回会ったことのある人だったし、数人はマイミクさんもいて、前回よりうち解けられて、楽しかった! 23人くらい集まっていたしね。

ただ、TACは、択一の救済はないというような予想を立てているせいか、TACの受験生と話していると、すごい温度差があった(^^;) 自分と同じ状況の人でも、TAC生は、「今年はダメだったから、来年は学校を変えようかと思う」とかすごいちゃんと考えている。多分、択一労基3点のLEC生とIDE生は受かる気でいると思うんだけれど。それとも私が楽観的すぎるのかなぁ? けど、まぁ、結果が出るまでは、私は受かる気でいるよ!(笑)

ということで、合格している人や、開業している人にいろいろまた話を聞き、「次」を考え始めているところ。受かったらAFPを取ろうと思っていたのだけれど、行政書士があるといいというようなことを結構聞き、やっぱそっちかなぁ、と揺れている。
両方資格を持って開業している人いわく、「社労士の方がまとまったお金は入ってくる。でも、社労士は人とのつながりとかコネみたいなもので仕事の量が決まる世界。行政書士はネットで仕事を開拓できる世界」とのこと。確かに、社労士は対企業の仕事がほとんどだけれど、行政書士は対個人が多いのだろう。上手く自分の土壌を開拓さえできれば、社労士一本でやっていけるのだろうけれど、やはり私のような未経験者でなんのあてもない人には、行政書士の資格がいるかもしれないなぁ、と考え始めた。
行政書士の勉強についてもちょっと聞いてみたけれど、合格率だけ見ると、かなり低い。数パーセントだったりする。ただ、社労士と違って、救済があるわけでもなく、毎年決められた点を取れるかどうかの「絶対評価」の世界。あと、テキストの分量としては社労士の3分の1くらいだということも教えてもらった。ただその分、記述の問題があったり、自分で考えないといけないことも多いらしい。
一方、AFPを受けた人に聞いたら、そちらは「更新制」ということで、講習など受け続けないと資格が剥奪されてしまうとのこと。それもちょっとネック。AFPは取るのに10万くらいの講習を受ける必要があるし、自学だけでどうにかなりそうな(だから、とってもあまり仕事には役立ちそうもない)3級あたりを趣味レベルで勉強してみて、興味が持てたらその先を考えるというのでもいいかもな、などと思った。

今は本当、中途半端な立場なのだけれど、いろいろな人の話を聞いて、また刺激を受けられ、良かった。
mixiには、合格はしたけれどまだ開業はしていないとか、開業したてというレベルの人が集まって勉強会をしているコミュなどもあるらしいし、とりあえず受かってしまえば、未経験で、なんのコネもつてもない人間でも、ちょっとずつどこかへは進んでいけるのではないか、という気が漠然としている。
ま、多分、私は平均より楽観的な人間なのだろうけれど、結局物事、試行錯誤しているうちにどうにかなるものさ、と思う。
昨日会った同い年の女性が、しきりに、「ま、人生80年だから」と言っていた。そうだよなぁ、まだまだ私たちは折り返してもいない! あまり目先のことだけに人生や気持ちを左右されずに、ゆったりと構えて生きるのもいいかもしれないな。結構いい言葉だと思いました。
ただ、80年生きるためには、健康管理をしっかりしないと、だね!(笑)

人気blogランキングに参加しています。ご協力、ありがとうございます!

2006/10/22(日) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

あとむ

『』

こんばんは。昨日はお疲れ様でした♪
お会いして2回目ともなるとお互いの距離感も縮まってきて
前より楽しい時間でした。同世代って事もあってとっても親近感v-238
1点救済が出た時、それを当てたのはIDEだけだったような気がするの。だからやっぱり結果が出るまでは誰もわからないんだもん。楽観的に考えたほうが良いよ~。なんて昨日と言っている事が違うけど(笑)
「人生80年」取りあえず11月10日まではノンビリしましょう♪

2006/10/22(日) 23:47:56 | URL | [ 編集]

かおり

『』

あとむさん、コメントありがとうございます!
乙女塾の方も楽しかったね。
次のオフはもう「冬」と決まっているようだし、またそのとき会えたらいいね!
おととしの1点救済はLECも「可能性がある」というくらいは言っていたみたい。過去3,4年のLECの予想は、9割方当たっているし、LECもその予想の精度を売りにもしているので、ま、LEC生としてはそこを信じています。
受かったら次は行政書士かな。8月は、もうしばらく受験勉強はいい、と思ったけれど、すでにのど元過ぎて熱さを忘れてきました(笑)

2006/10/23(月) 11:13:48 | URL | [ 編集]

lolipop

『』

かおりさん。こんばんは!
LECとIDEでは労基救済があるんですか!?
TACとクレアールのみで判断していました。。。
その望みに賭けたいと思います!
私もメールのやりとりの中であとむさんの
言葉に救われましたv-22
試験結果だけが人生じゃない。。。
という事を試験中なぜか忘れてしまってたりするんですよねv-356

2006/10/23(月) 23:21:25 | URL | [ 編集]

かおり

『』

lolipopさん、コメントありがとうございます。
このあいだは、ちょっとでしたが、お会いできて楽しかったです!

loliさんの点数なら、LECとIDEでは合格判定だと思いますよ。確か、実際に受験生から試験結果を集めて集計しているのは、LECとTACとIDEだけだったと思いますが、そのうち2つは労基択一の救済の可能性は高いと言っていますし、択一総合点も42か43という判断なので、かなり可能性は高いと思うんですけどね。loliさんが、不合格決定みたいな感じだったので、ちょっと驚きました。でもまぁ、あきらめていたのに受かった!っていうのもうれしいだろうし、そっちのほうがいいのかな。

あとむさんは、ほんわかしていてかなり若く見えるけれど、じつはただ者ではないと踏んでいます(笑)
本当、受験を通して、いろいろな人に出会えたのは収穫でした!

2006/10/24(火) 11:59:11 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nagiday.blog59.fc2.com/tb.php/108-f45ff0a1
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。