スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ダリ展

今日は上野でダリの回顧展を見てきた。
テレビCMまで流れているせいか、満員盛況。私は昼過ぎに行ったので、「うわぁ、混んでいる」ですんだけれど、出てきた頃(3時ぐらい)には、入場制限されていた。行く予定の人は気をつけて!

ダリはまぁ難解で、周りから「全然分からない」という声がたくさん挙がっていたけれど、それは別に分からなくてもいいんじゃない、という気がした。
私は基本的に、意味の分からない絵の前で、意味の分からないまま立ちつくしているのが結構好きなので(抽象絵画とか好き。ポロックみたいのとか)。

特にダリは、色の使い方とか、背景がだだっ広く広がっている感じとか見ていて気持ちいい。ちょっと違和感を与える配色の砂漠と空みたいな広い感じの風景に、小さな人が数人ぽつんと描かれているようなものとか、ちょっと奇妙で、どこか不協和音みたいなものを感じるのだけれど、それがまたいいのよね、って感じ。
意味のあるものも、もちろんあるようで、ところどころプレートに説明が書かれていて、それを読むと、それはそれでおもしろいけれど、でも説明されると興ざめって部分もある気がした。
ダリの世界はあくまで夢や無意識の不条理につながり、分断された世界ってことでいいんじゃないかって思う。

今回は朝日新聞から招待券をもらったから行ったのだけれど、たまには美術館もいいな、と改めて。特に現代のちょっとよく分からない感じの「アート」が見たくなった。

人気blogランキングに参加しています。ご協力、ありがとうございます!

2006/10/20(金) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

とうふ

『』

「わたしはダリでしょう?」っていうCMのですね(^^)
自分には絵心のみならず芸術的センスというものが皆無なので、CMを見ても、絵に食いつくのではなく、ダリのあの「ペテン師ヒゲ」に食いついてしまったのですが・・・(^^;)

そんな自分でも、以前、安曇野のいわさきちひろ美術館に行ったときは心洗われる気分になりました。忙しい毎日を送る中でもたまには静かに絵をみて心を静める必要があるのかも知れません。

2006/10/21(土) 05:39:48 | URL | [ 編集]

かおり

『』

とうふさん、コメントありがとうございます。
自分の関心と違うものも時々は生活のなかに取り入れてみると、また新しい風が入ってきていいかもしれませんね。
あまり美術館に行かない人には、突然ダリではとっつきにくいかもしれませんが(笑)
いわさきちひろさんの絵は、ほんわか幸せでいいですよね。私は、中島潔さんの絵とか好きです。前、NHKの受信料を払いましょうというCMの絵を描かれていたのですが(今もかな?)ご存じですか?
http://www.jaero.or.jp/data/publish/calendar/2006/index.html
こんな感じの絵です。この人の絵もあったかい気持ちになれます。

2006/10/21(土) 12:44:14 | URL | [ 編集]

パエリアクッカー

『』

色付きの文字ダリ展私も先月いきましたよ~~平日だというのにすごく混んでた。。
最後のガラに送る作品がちょっと感動でしたね!
こんなに愛されて幸せだったんだな~ガラって。。

2006/10/26(木) 00:24:29 | URL | [ 編集]

かおり

『』

パエリアクッカーさん、コメントありがとう。
ダリ展、すごい混んでましたね~。やっぱCMの力ってすごい。
ダリは多分すごく変な人だったのだろうけれど、それでも一人の人を想い続けるっていうのはいい! でもガラの方は「自由に生きていた」とのこと。うらやましい(笑)

2006/10/26(木) 10:52:53 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://nagiday.blog59.fc2.com/tb.php/107-1850b49f
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。