スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

異議申立て

今日は、引き続き国民年金の復習。それから、健康保険の過去問と、労一のレベルアップを解き、徴収法のレベルアップの解説を見る。なんか手広く(笑)

労一のレベルアップは選択はちょっと苦戦。その代わり、択一は9問正解。なかなか。ただまぁ、易しかった。
労一の過去問を解くと、半分くらいは白書など、最近の経済の動向についての気がする。だから、過去問をやってもあまり意味がない。そこはあまり深入りせずに、普遍的な「条文」の部分だけおさえ、「予想問題」の勉強に切り替えた方がいいのかもしれない。ただ「白書」の授業って7月か8月になってからだし、ぎりぎりにならないと、新しい「白書」の問題は手に入らないのかもな。
択一の方は社一で点を取れるから、労一はあまり気にしなくていいということだし、労一は選択式の部分をきちんとしよう。まずは基本的な条文をおさえ、ぎりぎりになってから白書の対策、くらいで。

あと、昨日、徴収法の不服申し立てについて書いたけれど、「異議申し立て」の規定があるのは、社労士の試験にでる範囲では二つしかないらしい。
一つは今回の徴収法の「概算保険料の認定決定・確定保険料の認定決定」についての不服は「労働局歳入徴収官」に対して行う、というもの。そしてもう一つは労災の「事業主からの費用徴収」についての不服を「労働局長」にする、というもの。
ネットで調べたところ、なぜこれらが上級庁に対する審査請求ではなく、処分庁に対する異議申立てなのかというと、「よく起こることだから、いちいち大臣のところにされては大変なので」ということらしい。なるほど(笑)
異議申し立ては審査請求と違い「文書のみ」だということもついでに押さえておきましょう。


人気blogランキングに参加しています。応援してもらえたら嬉しいです!
スポンサーサイト

2006/04/25(火) | 徴収法 | トラックバック(0) | コメント(0)

徴収法

今日は労災のレベルアップ答練をしてから、健康保険などの復習。労災、そんなに苦手だと思っていなかったのだけれど、試験をやってみて驚いた。半分くらいしか取れていない! びっくりだ(^^;)
テストは苦手なところを見つけるためにすると先生が言っていたけれど、本当だな。苦手なところくらい授業を受けるだけで分かると思っていたけれど、実際にテストをして丸付けをして気づくこともあるようだ。

人気blogランキングに参加しています。応援してもらえたら嬉しいです!

ただ昨日は徴収法の過去問などをしてみたが、徴収法はかなり易しい。佐藤先生も徴収法は毎年同じような問題が出るので攻めやすいと言っていたけれど、なるほど、と思う。一括の要件が結構出ているように思う。特に「請負事業の一括」がおこなわれるのは、「建設の事業」のみであることを聞く問題が多い。「立木の伐採」や「造船」もできるとか混同しないようにしないとね。
あとは雇用保険の保険料を計算する問題などもあった。計算機は持ち込み不可だから、2桁×3桁の計算くらい計算間違いせずにできるようにしておきたい(それもそこそこ素早く!) 雇用保険は一般の事業は1000分の19.5だけれど、農林水産業と清酒の製造などは「1000分の21.5」で、建設の事業は「1000分の22.5」だということはきちんと覚えておかないといけない。
あと、年度の初めに64歳以上の人の賃金は引いて計算するのも大切。64歳の人を入れてしまったり、逆に60歳の人の賃金まで引かないようにしましょう!(私は思わずひっかかって、60歳の人の賃金まで引いて計算してしまいました……)
徴収法は去年一題、労災保険料率の高い順に並べるというかなりの「難問」が出ましたが、Wセミナーの先生いわく、あの問題は良くないと各方面から叩かれていたので、二度とああいうものはでないでしょうから、「労災保険料率は、最高の「1000分の118(水力発電施設、ずい道等の新設事業)」と、最低の「1000分の4.5(その他の各種事業)」だけ押さえておけばいいです、とのことでした。特にこの二つは改正点ですから、是非覚えましょう!

ということで、とりあえず「労基」「雇用」「徴収」はなかなかよい感じだし、「安衛」も大分基本は分かってきたけれど、「労災」をこれから頑張ってフォローして行きたいです。そしていよいよ社会保険系科目の教科に入ります。
ま、繰り返しやれば人間嫌でも覚えるし、テストをやることで大切な部分は見えてくるから、そう悲観せず、一歩一歩進んでいくつもりです。

2006/04/17(月) | 徴収法 | トラックバック(0) | コメント(2)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。