スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

99&扶養・対象家族

最近涼しいのは嬉しいけれど、気候の変化のせいか、少し体の調子を崩している。別に風邪というはっきりした形でもないのだけれど、体がだるい……。変に眠くて、くだらない問題を間違ったりする。ま、本番直前にこういう状態に落ち込まなくて良かった。
こういうときはあまり無理せずに、少しペース落としつつ進めて、まずは体調を戻そうかと思う。

あとこの頃、気になることは……家を何匹もコバエが飛んでいること(>_<) この季節になるとやはり発生する。一日何度も燃えるゴミのゴミ箱に殺虫剤を掛けたりしているのだけれど、他に何かいい対策はないかなぁ。誰か知っていたら教えてください!

ところでタイトルの「99」はナイナイとかではなく、アクセス数。このブログはアクセスログをとれるようになっているのだけれど、そのユニークアクセス数(一人の人が一日に複数回訪問しても1回と数えるという意味らしい)が、「99」まで行った。自分が入っているとしても、98人はこのブログを一日に見に来てくれたということだ。
どこの誰がそんなに……と驚くけれど、嬉しい!
一週間ほど前に99で、惜しいあと1、と思ったら昨日もまた99だった。どうせなら100を超してみたいな、なんて思っている。
きっとメジャーなブログなどは桁の違う訪問者がいるのだろうけれど、わたしは99ですごい純粋に嬉しいな~。
たびたび訪問してくださっている方、ありがとうございます!!

勉強の方は、過去問は健保、選択式マスターは労災・雇用あたり、レベルアップ答練の解きなおしが国年・厚年あたり……ということで、一編に色々なことをしているので、ときどきふと、あれ、今何の科目だっけ??という状況に陥る。でも、今の時期はそうやって色々な科目をやって、「あれ、これは他の科目ではどうだったっけ?」と思いついたときにすぐ調べる、という感じでやっていこうかなと思っている。
気づくと10冊あるテキストのうち半分ぐらいが机の上に積み重なっているとかは最近よくある風景。そういうことをできるときは、昼間家で一人で勉強できるっていいな、と思う。図書館や自習室に全科目のテキストを持って行くわけにもいかないだろうからね(そのほうがきっと集中はできるんだろうけれど)。
あと、最近、一般常識以外では、意外と国年が弱いのかもと気づき始めた。厚年はかなり得意科目なのだけれど……厚年ができて国年が悪いってどういうことだ?(>_<) ちょっと不安なのでテキストの読み直しをしはじめた。選択対策として、各科目のテキストを読み直し、大事な条文上の言葉にラインを引く作業をするのも必要かもしれない、とこの頃思っている。

最近、勉強のポイントなど何も書いてこなかったので、久しぶりにコーナー?復活(笑)
健康保険の「被扶養者」の範囲と、介護保険法における「対象家族」の範囲。

「被扶養者」
1,直系尊属・配偶者・子・孫・弟妹(生計維持)
2,3親等内の親族で1に該当しないもの(生計維持&同一世帯)
3,事実上配偶者の父母・子(生計維持&同一世帯)
4,事実上の配偶者が亡くなったあとのその父母・子
(生計維持&同一世帯)

けっこう、「同一世帯」の要件がいるものはどれか聞かれる問題が多い。姻族には「同一世帯」要件が必要だということがポイント。継子もそう。あと、「姻族の姻族」はもはや他人ということで、「配偶者の叔父の配偶者」だとか、「配偶者の兄弟の配偶者」だとかは同一世帯でも被扶養者にならないことは覚えておきましょう!

「対象家族」
1,配偶者(事実上含む)・父母・子・配偶者の父母
2,祖父母・兄弟姉妹・孫(同居し、かつ扶養)

こちらは、「配偶者の父母」は同一世帯でなくてもオッケーです。その代わり、配偶者の祖父母などは同居していても対象家族にはなりません。
大丈夫な人は大丈夫でしょうが、私はどうもこの2つ(特に対象家族)が苦手……。混乱しないように整理しておきましょうね!!


人気blogランキングに参加しています。ランク低迷中……。協力して頂けたら嬉しいです!
スポンサーサイト

2006/07/19(水) | 健康保険法 | トラックバック(0) | コメント(4)

GWと健康保険法過去問。

0430.jpg

今日は久しぶりにちょっと足を伸ばして佐倉までドライブに行ってきました。といっても、私が運転できるわけではないので、ドライブに連れて行ってもらったという感じかな。旦那様、いつもありがとう!
最近少し勉強しなきゃ、気分に追われ、夕方までは家事と社労士と英語の勉強(ラジオ)をし、それからバタバタ仕事に行き、帰ってから夕食を食べてちょっと過去問をやって寝る、というパターンで、ちょっぴり人生に疲れ気味だったのですが、今日はちょっとリフレッシュ!
GWの9連休で海外へ、などというニュースを見て、いいなぁ~と思いもしますが、とにかく今が人生における踏ん張りどき。ちょっとでも無理すると悲鳴を上げる自分の弱い精神と向き合いつつも、どうにか折り合いをつけてやっていこうと思います。
受験生のみなさま、一緒に頑張りましょう☆

人気blogランキングに参加しています。応援してくださっている方、ありがとうございます!

ということで、精神的疲労からかブログも休んでしまいましたが、金・土は国民年金のノートまとめと、健康保険の過去問を中心に勉強しました。今日は国年の過去問を解いているところです。

健康保険の過去問をやって気になったのは、意外と細かい数値が出ているなということ。
政府管掌と組合健保両方の保険料の範囲と現在の率とか、高額療養費の範囲とか。
高額療養費は特に、70歳未満と以上とで計算の仕方が違う上に、それぞれ、「低所得者」「上位所得者」で金額も違うし、さらに「上位所得者」と言っても、70歳未満では「標準報酬月額56万」だし、70歳以上では「標準報酬月額28万。ただし、収入の額が621万(被扶養者がいない場合は484万)に満たない者を除く」だし、がるるる~、って感じ。

でもH16年の選択式はこのあたりの数字をしっかり覚えていないと足切りに引っかかりそうな問題だし、注意が必要かも。
多分、本試験直前までこの表とにらめっこしているだろうなぁ(笑)
どうにか頭に入れたいです。

2006/04/30(日) | 健康保険法 | トラックバック(0) | コメント(2)

健康保険「資格喪失後の給付」

今日は誕生日でした。
大きなロウソク3本と小さなロウソク1本立ててお祝いしました(もう、30になってからは、年を隠す気もなくなりました(^^;))。

人気blogランキングに参加しています。50位以内に進出中。ありがとうございます!

今日は健康保険法の復習と徴収法の過去問をしました。
健康保険法は結構忘れてしまっているところもあったけれど、読むとまぁ簡単に思い出せたかな。まだ過去問をやっていないので、どれほどのことが聞かれるのかは分からないけれど、テキストレベルでは、そんなに難しい法律ではない感じがしました。
徴収法も攻められますね(といっても、3問×2ですが)。前も書きましたが、似たような問題が繰り返し出てきていて、過去問一巡目でも8割は取れました。雇用は大丈夫そうだけれど、労災は意外と苦手分野になっているので、その分を徴収法で取れるようにしたいです。

今日は、かなりの部分を忘れてしまっていた健康保険法のなかでも、「そんなのあったっけ?!」というくらい、特に記憶の奥底に落っこちてしまっていた
「資格喪失後の給付」をまとめます。

1,傷病手当金・出産手当金の継続給付
①支給要件(両方必要)
資格を喪失した日(任意継続被保険者の資格を喪失した者にあっては、その資格を取得した日)の前日まで引き続き1年以上被保険者(日雇特例被保険者・任意継続被保険者及び共済組合の組合員は除く)であったこと
被保険者の資格を喪失した際に傷病手当金、出産手当金の支給を受けていること
②支給期間
傷病……支給を始めた日から起算して1年6月を限度
出産……出産の日以前42日(多胎妊娠の場合は98日)から出産の日後56日までの間

2,資格喪失後の死亡に関する給付
①支給要件(いずれか)
傷病手当金または出産手当金の継続給付を受けている者が死亡したとき
傷病手当金または出産手当金の継続給付を受けていた者が、その給付を受けなくなった日後3月以内に死亡したとき
被保険者の資格喪失後3月以内に死亡したとき
(死亡の場合は、被保険者期間の長さは問われない)

3,資格喪失後の出産に関する給付
①支給要件(両方必要)
被保険者の資格を喪失した日の前日まで引き続き1年以上当然被保険者であったこと
②被保険者の資格を喪失した日後6月以内に出産したこと

※「死亡」「出産」とも被保険者本人のものしか払われないというのがポイント。「家族埋葬料」「家族出産育児一時金」は対象にならない。


ところで、今週から株を始めました。二銘柄買って、1つは今のところ勝ち、1つは負けています。ということで、トータル千円ほどの負け。
でも経済を身近に感じられて面白いかも。
勉強の妨げにならない程度に買っていきたいです。
今日は株のチャートの見方の本を買いました。今年2月に出たのに、今もう6版!すごい。
まだ10分の1くらいしか読んでいないけれどおもしろいです。
上手く来年の今頃までに開業資金を貯められていたらいいのですが(って開業にそんなにお金かかるのかな??)

株価チャート練習帳株価チャート練習帳
秋津 学 チャート研究会

東洋経済新報社 2006-01-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006/04/21(金) | 健康保険法 | トラックバック(0) | コメント(0)

健康保険法の改正

今日の朝日新聞には診療報酬の改正に関する記事と投書が一つずつ載っていた。
特に気になったのは投書の方。理学療法士の方の投稿だったが、今年の4月からの改正でリハビリテーションは一部の疾患をのぞき、180日を上限に日数制限がかけられる予定、なのだそうだ。
その他いろいろな変更があって、それはいいね、と思えるものもあるが、上記の変更はどうなのだろう。確かにリハビリの多くは、症状を治すためではなく、悪化を防ぐという意図しかない。それはリハビリ関係の施設のボランティアをし、作業療法士になりたいと考えていたこともあるので、私にも分かっている。ただ、症状が改善しなくても、悪くなるのを防ぐというのは重要な「治療」だと感じる。
話はまったく変わるが、今かなり騒ぎになっているPSE法もそうだけれど、なんだか一般の人間の知らないところで、色々なことが変わっていき、私たちはその情報をうまく受け取れていないような気がする。
まぁ、社労士の勉強をすると、あまりにも多くの法の改正が毎年行われすぎて、それをいちいち広報していられない、という現状も分からなくはないんだけれどね。
ま、とにかく試験対策としては、「改正法」の授業を取るなり、本を買うなりしてちゃんと気合いを入れて勉強しないとダメだ、ってことですね……。

FC2 Blog Rankingに参加しています。クリックしてくれたら嬉しいです!

で、話は変わりますが、今日は「社一」のテキストの見直しをしました。「国民健康保険法」は「健康保険法」との違いを抑えれば、あとはあまり深追いしなくていいとのことです。基本的に「被保険者」がいないとか、「特別療養費」があることをしっかり抑え、あとは国は100分の34を負担。調整交付金として100分の9を、都道府県は都道府県調整交付金として7パーセントを交付している、というあたりを覚えるといいかと思います。

2006/03/25(土) | 健康保険法 | トラックバック(1) | コメント(0)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。