スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

開業のビジョン

今日、朝のテレビ番組「特ダネ」に、社会保険労務士の萩原さんが出演されていました。肩書きは「退職金コンサルタント」で、萩原さんいわく、そういう肩書きを使い始めたのは萩原さんが初めてだということでした。
数ヶ月前から萩原さんのメルマガを読んでいるので、テレビで見て、なんかちょっと新鮮でした(謎)

FC2 Blog Rankingに参加しています。クリック、お願いします!

退職金の問題は、「2007年問題」といわれる団塊の世代がごそっと定年退職を迎える問題の期日を来年に迎えた今、深刻だろう。特に金利の高かった時代にその金利をあてにして退職金を設定し、就業規則に定めてしまった企業は、今、現実を見つめて青ざめているはず。
今日のテレビでは、退職金をなくした代わりに独立支援をするという「ワタミ」の取り組みを取り上げていたけれど、退職金をなくすというほど極端なことはしなくても、「確定拠出年金」のように、毎年(もしくは毎月)事業主が一定の積立金を拠出し、その運用は一人ひとりの労働者が、その責任で運用するというのは、今の時代に合った制度で賢いな、という気がする。
私は結局、株を買うぞ~と騒ぎながら、結局まだ変えていないダメ日本人の一人だけれど、本当、日本人は自分の資金の運用が下手すぎる。企業や銀行に頼る時代はもう終わったと思うべきだろう。

って、話がずれまくっているけれど、今回思ったのは、ただ退職金の問題は深刻だなぁということではなくて、やはり萩原さんのやり方はすごいな、ということ。
社労士の試験範囲は異様に広いけれど、合格して開業するとなったとき、まず初めにするべきことは、自分の勝負できるポイントを小さく絞ることだろうという気がする。
ある意味、隙間産業的な考え方だけれど、人がまだ目を付けてないところ、これに手を出してもうまみはないだろうと切って捨ててしまっているようなところを上手く見つけて、私も史上初の○○コンサルタントになりたい、と思ったりしている。
ま、まずは合格しろよ、だけれど、私はどうも先のことがイメージできないと勉強する気にもなれないので。勉強しつつも、ビジネスの種を見つけてやるという意気で行きます。

ちなみに萩原さんのサイト→http://www.2step-sr.jp/profile.php
スポンサーサイト

2006/03/24(金) | 合格後のこと | トラックバック(0) | コメント(2)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。