スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小説掲載誌、明日発売!

小説NON (ノン) 2010年 08月号 [雑誌]小説NON (ノン) 2010年 08月号 [雑誌]

祥伝社 2010-07-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「九州さが大衆文学賞」をもらった受賞作「水平線の灯(「履歴」改め)」が、明日発売の文芸誌「小説NON」に掲載されます!

http://www.shodensha.co.jp/n-non.html

 初めて、ちょっと「社労士」っぽい、ちょっぴり社会派な作品です。
 微妙にミステリー要素もあり、最後はそれなりに「なるほど、そういうことか!」と驚いたり、納得したりしてもらえるんじゃないかな、と自負しているエンターテイメントです。
 とある島を舞台にした、爽やかで読みやすい作品だと思いますので、良ければ、是非、読んでください!
スポンサーサイト

2010/07/21(水) | そのほか芸術 | トラックバック(0) | コメント(2)

雪と桜と王様

ホームページを更新しました。

山形の銀山温泉への旅(風情ある雪のなかの温泉街)
http://www.nagi97.com/diary/2010/03/post-5.html

千鳥が淵で見つけた春の予感
http://www.nagi97.com/diary/2010/03/post-6.html

伊坂さんの「あるキング」の感想
http://www.nagi97.com/review/2010/03/post-126.html

2010/03/08(月) | そのほか芸術 | トラックバック(0) | コメント(0)

2ヶ月ちょっとで3作

 9月の5連休から急にやる気になり始め、それから11月末までに、3つの小説を書いた。約50枚・80枚・90枚と。

http://www.nagi97.com/review/2009/12/post-115.html

2009/12/01(火) | そのほか芸術 | トラックバック(0) | コメント(0)

エミール・ガレ展

昨日は笠間に行ったついでに、茨城県陶芸美術館を見た。
「エミール・ガレ展」開催中。

こういう確固たる世界観をもった作品は、美術、文芸、映像問わず、いいなぁ、と思う。

ガレははじめ、ガラス本来の美しさを最大限に引き出す、淡い青のガラスなどを"発明"し、高い評価を受けるが、その後、方針を転換し、透明感のないガラスとは思えない作品を生み出していく。

http://www.nagi97.com/review/2009/11/post-114.html

2009/11/16(月) | そのほか芸術 | トラックバック(0) | コメント(0)

純文学とエンターテイメント小説の違い

純文とエンタメの境がなくなって来ているといわれて久しい。
でも、境界のなくなってきた純文学とエンターテイメント小説、内容では、どうやって分けるのか?
自分の考えをまとめてみた。

http://www.nagi97.com/review/2009/11/post-107.html

2009/11/03(火) | そのほか芸術 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。