スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「今までいた村はどうでしたか?」

banner_02.gif←クリックで順位が上がります。応援お願いします!

「」づきですけど、本のタイトルではないです。

今、塾は受験シーズンに突入!という感じです。
今年は受験生を3人も抱えています。
しかも一人は、早稲田をねらう高3生です。
彼女に英語を教えるために、むちゃくちゃ必死になっています。

本来、中学受験の算数が専門なのですが、彼女が高1のときに「そんなにできる子でもないから、大丈夫でしょ?」と言われ、「まぁ、高1の英語くらいなら……」と、受けたら、私の教え方が良かったからか(笑)、ぐんぐん成績が伸び、早稲田をねらうまでになりました。
(って、自分の学校、そんな誉めるかって、感じですね(笑) ただ私は指定校推薦なので、受験して受かったわけではなかったりします)

受験生を教えると、予習も大変なので、私の時給、いくらだよ……って感じなんですが……でも、大変な仕事ほど、結果が出ると嬉しいですね。

生徒が「これだけとれたよ!」と嬉しそうに模試の結果を持ってきたり、過去問で8割とか正解して、一緒に喜び合ったりするのは、本当、幸せな時間です。

今年の小6生もかわいいです。
子供らしい、ちょっと不思議な視点でのコメントや、妙に大人っぽく、でも大人より純粋なものの見方とか、彼女たちと話していると、学ぶことも多いし、笑えることも多いです。


でも、このまま今の仕事を「バイト」みたいな形で続けていても、自分のここから先のキャリアみたいなものが見えてこなかったので、数年前から色々考えて、社労士の資格を取って、登録もしたわけです。
でも、今の仕事が楽しいと感じれば感じるだけ、そこから離れる選択は正しいのだろうか、と疑問も大きくなるのが本当のところです。
今の塾には、来年2月で辞めると、伝えてはいるんですけどね。


でも、そんなとき、自分を勇気づけてくれるのが、コーチングで習ったたとえ話。

ある村の前におじいさんが座っていました。
そこを旅人が通りかかりました。
旅人が聞きました。
「この村はいいところですか?」
おじいさんは反対に質問しました。
「あなたが今までいた村はどうでしたか?」
「今までいた村は、ひどい村でした。みんな不親切で、争いが絶えません」
おじいさんは答えました。
「この村も似たようなものですよ。ひどい村です」

同じおじいさんの前を、他の旅人が通りかかりました。
旅人が聞きました。
「この村はいいところですか?」
おじいさんはまた、反対に質問しました。
「あなたが今までいた村はどうでしたか?」
「今までいた村は、本当にいいところでした。みんな親切で、楽しかった」
おじいさんは答えました。
「この村もいいところですよ。楽しんでいってらっしゃい」


結局、その場所、そのことが楽しいものか、幸せなものか決めるのは、「あなたの心次第」であり、良いものの見方を身につけている人は、どこにいっても楽しめるし、幸せになれる、ということですね。


一度未来をしっかり選択したのなら、迷わず、「今を楽しめる人間は、未来も楽しめる!」と信じて進むだけかな。
塾の仕事をすることだけが、教育に携わる方法じゃないし。
進もう!

人気blogランキングに参加しています。ご協力ありがとうございます!
スポンサーサイト

2007/11/23(金) | コーチング | トラックバック(0) | コメント(0)

コーチング初級1-1・2

banner_02.gif←クリックで順位が上がります。応援お願いします!

日曜日はコーチングの授業へ行った。
こちらは月に1回ペースなので、まだ2回目。でも、今回は3時間の授業が午前と午後にあったので、かなり、びっしりだった。
コーチングには森田舞さんの紹介で通い始めたのだけれど、今回から新しく、またダッシュの会の仲間にも会うことができて嬉しい。その方も社労士で開業されているし、色々教えてください!という感じです。
よろしくお願いします☆

コーチングの佐藤先生も、衛藤先生のように、やはり大きなビジョンをもっているところが素敵だと思う。
今回は初級1-1・2ということで、「コーチとはなにか」という基本と、「ラポールとぺーシング」という基本のところの講義だったけれど、また色々な気づきがあり、良かった。
一番、心に残ったのは、「大きな志を持つというのは、大きなこと、特別なことをする、という意味ではない。大きな志を持って、大きなことを想像できるようになれば、些細な、小さなことの大切さにも気づける、ということだ」という言葉。
「ハチドリのひとしずく」ではないけれど(この本も、簡単に読めるけれど奥が深い。読んだことなかったら、立ち読みでも、是非!)、ひとりの力は小さくても、誰かが身近な数人に何か良いことをして、その人がまた数人にその良い行いをしていってくれれば、良い行いは、すごい勢いで広まる。
行いではなく、世の中が幸せになるための考え方を伝えられれば、それは世界を変える力になる。
温暖化が止まらないのは、石油などのエネルギーを使うことで利益を出している会社がたくさんあるからで、その仕組みがある限り、決して変わらない、という考え方もあるけれど、「お金儲けより、もっと幸せなこと、選択できる幸せな未来があるんじゃない?」という考え方が、少しずつ、少しずつ世の中に広まれば、いずれは(すごい時間の掛かる話だとしても)、地球規模で何かが変わるはず。……と、佐藤先生は言っていた。
確かに、「環境に優しいことをすれば、いい企業として見てもらえる」などという、純粋ではない動機でかもしれないけれど、多くの企業は10年前よりはずっと、環境のための取り組みを行い始めている。
結局、世の中を動かすのは、「世論」なのかもしれない。
そう考えれば、ちょっとずつでも、誰もに何かできることがあるんじゃないか、という気がする。
そういう意味で、TEAM GO GO 2007なども、いいな(衛藤先生も支持者の一人らしいし)。

他に講義では、ラポール(信頼)に必要なものはなにかとか、「信頼」と「信用」の違いとか、そんなことを習った。
いくつか、「あぁ、こういう生徒には、こういうことを聞いてみればいいんだ」とか「こう言ってみるといいかも」ということも見えてきて、実際的で良かった。

ただでも、すぐに仕事にいかせるかどうかとか、将来コーチやカウンセラーになるとか、そういうのではなく、私は今は単純に、「コミュニケーション能力を上げていけたら、もっと楽しく人生、過ごせるよね」という考えで、色々学んでいる。
心理学やコーチングを学ぶと、コミュニケーション力がつくだけではなくて、自分自身を無意識のうちに苦しめていた変な考え方に気づいて、生きるのが楽になったりもする。
嫌な出来事を長くひきずることも、ほとんどなくなったし、「人のためになにかできるようになりたい」と思うと同時に、「ひとはひと、自分は自分」という自立した考え方も少しずつ手に入れられてきている。


人気blogランキングに参加しています。ご協力ありがとうございます!

2007/05/22(火) | コーチング | トラックバック(0) | コメント(8)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。