スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

メンタル終了式&来年2月まで

banner_02.gif←クリックで順位が上がります。応援お願いします!

メールマガジンを始めました→良好な労使関係のために◇女性社労士の相談室

21日(日)は、衛藤先生の講座の終了パーティでした。
目黒雅叙園で行われ、私もちゃんとドレスを着て出席。
衛藤先生が一人一人に証書を渡し、握手してくださいました。
その前日は、ひすいさんと森沢さんに握手してもらったし、この2日間は、すっごい良い気が右手に充満していました(笑)

パーティではあまり衛藤先生の話は聴けませんでしたが、300人を超える参加者のなかから、3人のレポート(自分の人生に、衛藤先生の講座がどんな影響を及ぼしたのか、などを、終了レポートとして全員提出している)の発表がありました。

みんなものすごく色々なことを感じ、自分の人生を真摯に見直していて、その姿に打たれました。
森沢さんが、「おじいさん、おばあさんの話を聴くと、誰でも、一冊の小説になりそうなものを必ずもっている」と話されていたけれど、まだ高校生の子のレポートにも泣かされてしまいました。
でも、こんな、300人を超えるみんなに、大きな影響を与えてしまう衛藤先生ってあらためてすごい。

衛藤先生はよくインディアンの話をされていて、インディアンの予言(?)によると、自分勝手な人類のせいで私達は滅びに向かうらしいのだけれど、もし「虹の戦士」が現れ、それが優勢になると、地球は救われるらしい。

衛藤先生も「虹の戦士」がなにか分からないといわれているのだけれど、もしかしたら、人のことを自分のことより大切にし、お金より人の心を大切にするような人なのではないか、というようなことをよく言われている。

メンタルの授業を受ければ、全員が「虹の戦士」になるというわけではないと思うけれど、でも、こういうところに「虹の戦士」はいて、きっと確実に世の中に広がっている、と、信じられる気がした。



ところで話は変わりますが、ここ数週間、色々悩んでいたことから、ちょっと抜けられました。

このブログを前から読んでくださっている人はご存じの通り、私は9月1日から、開業社労士をしているのですが、それと同時に、まだ塾の仕事もしています。
今年は大学受験生と中学受験生がいるのですが、さらにまた新しく、中学受験生が一人増えそうで、来年2月に向け、受験は佳境に入ってきています。

開業したからには、もっと積極的に動きたいという思いとか、社労士事務所で週2,3回でもいいから本当は働きたいのに……とか、そういう気持ちも強く、すべてが思うようにいかないもどかしさとか、何もかもが中途半端になっているようなふがいなさとかにずっとつきまとわれていました。

でも、週末、色々な出会いや気づきがあり、すごく見えてきたものがありました。

けっきょく、来年の2月までは、あくまで塾を「本業」にして、そっちに集中することに決めました。

ひすいさんはよく、木村拓哉の「手を抜く方が疲れる」という言葉を引用されるのですが、森沢さんも「手を抜くことを考えた瞬間、仕事は重荷になる」と言われていました。

振り返って考えると最近、どれだけ効率的に予習をして、塾の仕事のために使う時間を減らせるか、ばかり考えてきていた気がします。
家事もしかり。
でも、そうやって時間を作っても、なんだかすべてがおもしろくなくて、いつも疲れてしまって、余らせた時間も効率的に使えていませんでした。

塾の仕事は来年2月まで続けると決めたからには、やるつもりだし、やると決めたからには、十数年、ずっと好きで続けてきた仕事、最後まで、楽しみ、そして満足のいく結果を残したい、と思いました。

社労士の方は定年もないし、32歳からだったら、遅いことも多分ないでしょう。ちょっと、自分が焦りすぎていたことに気づきました。

4ヶ月間、何もしないということでは全くないのですが(というか、行動自体は大して変わらないかも?!)、来年2月までは誇りを持って、塾講師としてやっていこうと、自分の気持ちを決めました。
3人の受験生を、責任を持って、志望校に受からせます。

そして来年3月から、また改めて、社労士として本気で走り始めます。
多分、週数回、雇ってくれるところも本気で探します。

ただ今は、目の前にある仕事に、一生懸命になろうと思っています。

別に誰に読んでもらおうと思っているわけでもないのですが……自分の決意として、書いてみました。

効率を追い求めたら逃げていってしまうもの、要領が悪いように見えても、じっくり納得いくまで物事に向き合っていれば自然についてくるもの……そんなものに気づかせてくれたのが、森沢さんとの出会いでした。
改めて、感謝。
スポンサーサイト

2007/10/23(火) | メンタルヘルス | トラックバック(0) | コメント(2)

メンタル:終了レポート

banner_02.gif←クリックで順位が上がります。応援お願いします!

メンタルの講義は8月24日で終了だったのですが、そのレポートを書き上げ、昨日送信しました。
多分、無事、卒業でしょう。

3200字(原稿用紙8枚くらい)くらいすぐに書けるかと思ったのですが、意外と苦戦しました。
心に残った言葉を書くのは簡単だけれど、それによって自分がどう変わったのかというところまで考えると、たとえば、「-」が「+」に変わったという良いことであっても、もともと自分のなかにあった「-」に向き合わなくてはいけないから、ちょっとしんどい、という感じかな。

でもレポートを書いていて、改めて、この講義を受けた意味、しかもこの時期に受けられた意味を感じさせられました。
メンタルの講座との出会いは、私にとって、社労士開業に次ぐ、今年の重大事件でしょう。

衛藤先生に改めて感謝。
気づいたら、衛藤のひとりごとが更新されていました。
新作(って1ヶ月近く前だ(^_^;))も心にぐっと来ました。
http://www.mental.co.jp/etou.htm
良ければ、読んでくださいね!


私の方は、開業したとはいえ、夏期講習が終わった分、ちょっと余裕が出てきて、意外とのんびり過ごしています(笑)
来週は千葉の社労士会でオリエンテーション。そこで、会員証をもらえます。
そして10月初めに、支部の例会があって、その前に、支部長と面談?らしいです。
例会などに行くと、私が普段出ている勉強会などとは世代が違うという話なので、どんな場所なのか、ドキドキしながら出向いてみます。


時間があるので、WEBはコツコツと更新しています。
とりあえずグーグルのページランクを上げたいなぁ。
http://www.asobe-sr.com/

人気blogランキングに参加しています。ご協力ありがとうございます!

2007/09/11(火) | メンタルヘルス | トラックバック(0) | コメント(3)

プラネタリウム&固定観念

banner_02.gif←クリックで順位が上がります。応援お願いします!

先週末は久しぶりに未来館のプラネタリウムを見てきました。
未来館、知っていますか? お台場にある、毛利さんプロデュースの科学の学舎です。
プラネタリウムは一時期ネスカフェのCMに出ていた「違いが分かる人」の一人、大平さんの作られたもので、ものすごく細かい星まできれいに見えます。
プラネタリウムは整理券がないと見られないので、未来館の開く10時より前から並ばないと見られなかったりするのですが、未来館の入館料500円でプラネタリウムも見られるので、かなりお勧め。
プラネタリウムを見てから、3Dの宇宙映像も他の階で見られて、かなり満足でした(太陽系・銀河系・もっと遠くの星まで、3Dで見られるので、圧倒されます)。
小学生にならないくらいの子供にはちょっと厳しいかもしれないけれど、10歳以上の子供連れとか、普通に大人のデートとかには良い場所です。
ちょっと歩けばビーナスフォートとか、普通に「お台場」があるし。
未来館→http://www.miraikan.jst.go.jp/
私たちはそのあと、新聞屋さんにもらったタダ券があったので、すっごく久しぶりにジョイポリスなんぞに行ってしまいました。20代前半のカップルが多かったです。ちょっぴり浮いてました

あと、金曜日はメンタルのセミナーへ。衛藤先生の講義は1ヶ月ぶりくらい。
本を買ってサインと握手をしてもらっちゃいました。ミーハーですね
このあいだの授業は論理療法が中心だったけれど、このあいだ紹介した「EQノート」のように、自分のビリーフを探す授業でした。けっこう自分が、「~するべき」「~であるべきではない」など、「べき」の思考傾向を持っていることに気づかされました。
なんとなく自覚している部分はあったのだけれど……。
ただ「人を傷つけることをするべきではない」という質問に、1~10の評価のうち「9」とかつけてしまったのだけど、衛藤先生曰く、
「人を傷つけないようにしようと思うことは大切。でも、気づかないうちに人を傷つけてしまうことの方が、意識的にするよりも多いはず。『人を傷つけるべきではない』と強く思っている人は、人に傷つけられたとき、『この人は間違っている』と攻撃しがち」
ということで、なるほど、と。
確かに世の中の怒っている人を見ると、「○○するべきなのに」「○○なんてするべきではないのに、△△さんたら!」みたいなことを言っていることが多い。自分が「正義」になっちゃうんだよね。
そういう無用な怒りから解放されるためにも、どんなことであれ「~べきだ」という思考は減らしていった方がいいかもしれない。
なんてことを気づけた授業だった。

でも一番、このあいだの授業で心に残ったのは、
「最近の人は、セレブにならなくては、というように思いすぎて、『もっと頑張らなくては』『これくらいじゃダメだ』と思いすぎている。でも、夢を描くことで、幸せを感じられるのならいいけれど、その理想の状態に比べて『今のままじゃダメだ』と思いすぎるのは、逆に良くない。
人生は、『過程』をどれくらい楽しめるかだ。目的地には案外なにもない」
という言葉。
懇親会で衛藤先生に「先生の考える『成功』ってなんですか?」と聞いている人がいた。
「一日一日、今日もよく頑張ったと幸せを感じられること。家族を養えるくらいの稼ぎがあること。好きな仕事ができること。家族が死んだり、笑えない日ももちろんあるだろうけれど、振り返ってみてトータルで、幸せだったなと思えること」

自分から見て、すごい「成功」しているように見える衛藤先生の言葉だからこそ、「目的地には案外なにもない」という言葉が心に残った。
本当、日々、足元にある幸せをしっかり見つめた上で、次のステップへの成長を目指そう。

人気blogランキングに参加しています。ご協力ありがとうございます!

2007/07/17(火) | メンタルヘルス | トラックバック(0) | コメント(3)

メンタル8

banner_02.gif←クリックで順位が上がります。応援お願いします!

今更な感じになってしまいましたが、金曜日はメンタルヘルスのセミナーに。
2回連続衛藤先生で得した気分

内容は、ゲシュタルトと森田療法あたりを中心に。ただいつも以上に話がそれ、それが長引いたため、森田療法は「ま、本を読んでおいて」(笑)
ただでも、やはりこのあたりの考え方はいいな。
結局、幸せと不幸せ、どちらに焦点を当てるか。
不幸な出来事があるわけではない、不幸だと感じる心があるだけ。
もう随分前から、色々な人にいわれていることだけれど、また改めてそういう話を衛藤先生の例つきで聞けたのは良かった。
考えれば、ここ数年、私も随分、悲しいときや腹が立ったときに、すっと焦点をそらすことができるようになってきたな、という気がする。
そうすると、一瞬はむかついても、それがながびくことがあまりなくなってきた。

でも、こういう考え方を一番自分にしみこませてくれたのは、やはりひすいさんの名言セラピーだな。
「幸せはなるものではなく気づくもの」


あと前回は衛藤先生、かなり強く、自分は神様でも何でもない、ふつうの人だから、信奉したりしないようにみたいなことを言われていた。信奉したくなる気持ちも分かるけれど、確かに、一人の人を完璧だと思うのは怖いことだし、そう思われることは、もっと怖いことなのかもしれないな、と思った。

でも衛藤先生はよく「儀なる人」の話をする。神様が人間を滅ぼさないのは、そのなかに「儀なる人」がいるからだ、と。そして「儀なる人」というのは有名でも、特別すごいことをした人ではなく、自分になどなんのとりえもない、というように思いながら、ただ一日一日を一生懸命に目立たず過ごしている人だ、と。
たとえば子供に振り回されてばかりいるお母さんとか、毎日店に座り続ける駄菓子屋のおじさんとか……らしい。
衛藤先生は自分の仕事について、「こんなのは、誰でもできる。六本木ヒルズ族になることだって、運が良ければ誰でもできる。目立ったり、もてはやされる人生は楽しいから。でもそうでなくても、ただ毎日必死に生きている人が、本当にすごいと思う」と言われていた。
そんな風に言っている衛藤先生だからこそ、ファンになってしまうのだけれど(笑)

でも、そんなふうに、周りの「常識的」な価値観に振り回されず、しっかりと自分の価値観を持って生きる人が増えていけば、そんな考え方が広まれば、世の中はもっと居心地が良く、幸せな場所になるだろうと思う。

私には、衛藤先生やひすいさんや、そのほか素敵な人の言葉や行動をちょっと紹介することしかできないけれど、でも、そんなことでも、誰かの力になったらいいな、と思う。
衛藤先生は、今の状況について、「こんなふうに沢山の人の前で話せる機会があるというのは、神様から与えられたもの。だから、そのなかで精一杯できることをしないといけないと思っている」と言われていた。
私は、かなりうぬぼれかもしれないけれど、少しだけ文章力には自負があるから、だからこそ、自分の文章を、決して人を傷つけるために使わないようにしよう、と、心に思っている。
そして、プラスの作用を与えられるものにできたら、もっとすばらしいだろう、と思う。

人気blogランキングに参加しています。ご協力ありがとうございます!

2007/06/12(火) | メンタルヘルス | トラックバック(0) | コメント(5)

キャンドルナイト&メンタル7

banner_02.gif←クリックで順位が上がります。応援お願いします!

6月22日、夏至の日の20時から22時までの2時間、電気を消してキャンドルの明かりですごそう、というイベント「キャンドルナイト」。
去年は、坂本龍一さんなどが呼びかけていて、記憶に残っているけれど、今年は、いとこがその呼びかけ人をしているということで、私も便乗宣伝(笑)
私自身はメンタルのセミナーの日なので、参加できないかもしれないけれど、東京タワーなどの灯りも消えるそうだし、こういうスローライフ的で、地球環境のことも考えている行動って、いいな。
ということで、詳しくはWEBで☆
http://www.candle-night.org/home.html

先週のメンタルヘルスは、トランスパーソナルのお話。
ユングが言っていた「集団無意識」の話と、そこから広げた感じのもので、おもしろかった。
デジャブとか、虫の知らせというのは、人が記憶の奥底に(意識の底、無意識の深い部分に)、人類共通、生命共通の「無意識」を持っているからだというようなことで、そこをつきつめていくと、ちょっとイっちゃった感じの人になりそうだけれど……でも、石や木と話すって??とは思い、完全に信じ切れはしないものの、そういう考え方はおもしろくて、なんかいいな。
私も、「なんとなく嫌な感じがする」とか、「この人は信用できそうな気がする」とか、かなり感覚で生きているし、自分のそういった感覚にそこそこの自信も持っているしね。

でも、もっと、「偶然」に敏感になるとか、自分の奥底とつながる感覚を大切にするとか、していきたいな、と思った。
最近、小説もあまり上手く書けず、行き詰まっている感じがしていたけれど、それって、すごい自分の表面の部分、頭だけで書こうとしていたからかもしれないな、と気づいたりもして。
もっと、ふっと沸いてくるイメージとか、インスピレーションみたいなものを大切にして、個人の力など超えたものを書かなきゃな。

と、授業を受けていない人にはかなり意味不明な記事になってしまったと思うけれど……やっぱ、衛藤先生のセミナーはおもしろい!ということで(笑)
飲み会も楽しかった。たまたまそのとき話していた3人が、みんな同い年だと分かり(しかも4月生まれと5月生まれ、とみんなほとんど変わらない)、それも偶然! 何か意味ある偶然なのだろうか?(笑)

人気blogランキングに参加しています。ご協力ありがとうございます!

2007/06/04(月) | メンタルヘルス | トラックバック(0) | コメント(6)

 |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。