スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スキルアップ(下田先生)

banner_02.gif←クリックで順位が上がります。応援お願いします!

ランキング、善戦中。応援、ありがとうございます!

今日は、スキルアップ研究会に出たので、その感想を。
ただ、その前に、一つ!
事務指定講習・東京Bの初日、8月21日にまた、大懇親会を開きます。
事務指定講習は受けないよという方も、Aの方で出ちゃったよという方も、H17年以前の合格の方も、宜しければ参加してください!
期間を延長して12日まで参加者を募集しています!
Aの方は100人を超える参加があり、Bの方も80人以上集まりそうな勢いです。また松崎先生・長沢先生・山田先生・大谷先生・大沢先生・滝本先生がゲストとして参加してくださいます。
mixiをされている方は
http://mixi.jp/view_event.pl?id=17605253&comm_id=1533211こちらで申し込みをしてください!


と、前置きをしてから、今日の勉強会についてですが。

やはり下田先生はすごいな~、と思いました!
下田先生とは、森田舞さんの主宰されているダッシュの会の懇親会で初めてお目にかかり、そのあと、講義を聴きたいです!というファンレター?を送ったら、快諾してくださり、スキルアップに来てくださいました。
結局私は、ファンレターを送っただけで、あとは古澤さんが全部してくださいました。どうもありがとうございました
でも、最近本当(社労士の世界が狭いというだけなのかもしれませんが)、会いたいと思う人にはちゃんと会えるし、したいと強く思うことはきちんと叶えられていく気がします。
ありがたいことです。

講義の前半は、開業するに当たっての心構えについて、後半は、就業規則についてでした。
一番初めに「起業しようと思うなら、時間の使い方をもっと意識して、何をするのでも目的を明確にするべきだ」と、密度の濃い時間を過ごす必要性を訴えられていましたが、本当、先生の講義は密度が濃く、感動でした!

前半の話で一番心に残ったのは、社労士として成功したければ、経営者のことをきちんと理解すること、というお話。
下田先生は成功している経営者を観察するために、かなり無理をしてもグリーン車や飛行機のスーパーシートに座る、ということでした。そして、やはりビジネスの世界などで成功している方は、どんなときでも時間を大切にして仕事をしているし、いいと思ったものは、自分の目で確かめに行く、ということを下田先生も学んだそうです。
また、セミナーなど、それを身につければビジネスになると思うものを学びに行くとき、場所が遠いとか、お金が高いとか、そんなことで機会を逃す人は、成功しない、ということも言われていました。
下田先生は、実は(?)33歳ということで(ご自分でも老けてみられると言われていましたが……)正直、1,2歳しか違わないの?!とかなり驚いてしまいましたが、でも、雰囲気とか話す内容は、やはり「経営者」の風格や威厳があるなぁ、と感じました。
クライアントの社長だけではなくて、普通に飲む友達としての社長の存在も大切だということは、今回もおっしゃっていましたが、やはり、士業だからという意識ではなくて、一経営者としての自覚を持ってやっていくことが大事なのですね。

就業規則の話で一番印象に残ったのは、「労基法の中に就業規則があるのではなくて、就業規則を作るとき意識すべきものの一つに労基法がある。だから、労基法を意識しすぎてもダメ」というお話のなかでのエピソード。「就業規則は、従業員が10人以上の会社に作る義務がある、ということもあまり意識しすぎない方がいい。うちは、従業員が0人の会社の就業規則を作ったことが何度もありますよ」。
ええっ?? 0人??
どうやら「これから人を雇いたいので、そのまえに規則を決めておきたい」というニーズがあるそうです。確かに、変な「暗黙のルール」だらけになってから規則を作るよりいいかもしれませんね。

あともう一つ、当たり前だけれど改めて大切さに気づいたのは、「まず、経営者に、就業規則を作る目的は何ですか? と聞くことが大切」というお話。
労使トラブル防止のため、労基署対策のため、助成金をもらうため……色々ありますよね。まず、そのヒアリングをしておかないと、話がどんどんずれていってしまうとのこと、確かにそうだな、と改めて思いました。

今日は、「まだまだ就業規則のニーズはあります」という言葉に励まされ、でも、人の切り開いた道をただなぞるだけではダメだな、ということも考えさせられた、良い機会でした。
これからも、就業規則や労使関係を改善する系のセミナーには、高くてもお金を払って参加して、学ぼう、という気持ちになりました。

最後に、下田先生に勧められた本の紹介。
下田先生の本ももちろんいいですが、こちらもかなり詳細な内容で良さそうです。さっそくアマゾンで注文しちゃいました。

トップ・ミドルのための採用から退職までの法律知識トップ・ミドルのための採用から退職までの法律知識
安西 愈

中央経済社 2006-06
売り上げランキング : 127017

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



人気blogランキングに参加しています。ご協力ありがとうございます!
スポンサーサイト

2007/08/04(土) | スキルアップ研究会 | トラックバック(0) | コメント(12)

スキルアップ(山田先生&古澤さん)

banner_02.gif←クリックで順位が上がります。応援お願いします!

昨日はスキルアップ研究会。
前半が古澤さんの「労働組合」「労働契約法」の講義。
後半が社長、その就業規則はやばすぎる!の山田 順一郎先生の開業講座。

両方とも、とても密度が濃く、楽しかった。
古澤さんの講義は、本当は「労働契約法」がメインテーマだったらしいが、「労働組合」について語り始めたら止まらなくて(笑)、ほぼ、その内容。
でも、やはり普段から労働組合系の仕事をしている方だけだって、内容もかなりつっこんだものになっていたし、コメントに実感がこもっていて、とても楽しかった。
労働組合には「連合」(ほとんどここ、ってくらい大きい)「全労協」「全労連」があって、それぞれ思想を異にしているので、もし労働争議を頼まれたときには、バックに労働組合がついているか、それはどの労働組合かを見極めておくのが重要ということだった。
けっこう、常識としてそのあたりのことを知っている方も多かったようだけれど、私のように労働組合のある会社に属したことのない人には遠い話。だからこそ、下手に労働争議に巻き込まれる前にきちんと教えてもらっておいて良かった、と思った。
古澤さん、ありがとうございました!

山田先生の話は、やはりとても親切な先生らしく、細かいところまで「準備すべきもの」を教えてくれたり、かなりつっこんだ内容で、為になった。
最近、色々な先生の体験談は聞いているので、そろそろもういいかな、などと思ったりもしていたけれど、やはり聞けば聞くだけヒントが出てくるし、考え方の違いなども分かってくるので、本当、おもしろい。
山田先生の事務所が軌道に乗ったのは、法律が施行される前にLLPに目をつけて(行政書士もされているので)、そのサイトを作ったら、色々な人の目にとまり、お客さんも着いたし取材も入るようになった、ということらしい。
そういう「先見の明」って大事だろうな。周りが騒ぎ出す前に行動を起こせるようになりたい。
今はやはり、労働契約法に注目しているということ。確かに、就業規則と労働契約法はかなり密接な関わりがありそうだし、就業規則の重要性が増してくるのは確かだと思う。

開業前に準備しておくものとしては
・WEB←早めに立ち上げるといいらしい。社労士とさえ名乗らなければいつからでもOK
・メルマガ←出版社はけっこうメルマガとブログをチェックしているらしい
・業務用のブログ←このブログは、業務用にはならないかなぁ……
・名刺(営業用・士業用・行政用)←3種類作るのか、なるほど!
・事業案内←なにを書けばいいか、よく分からない……。WEBの紙版?
・封筒や領収書など←まぁ、初めははんこをつくって、押すだけかな
・ファクス←そろそろ買わなきゃ
・シュレッダー←さすがに手動はきついよな……

とても早く読み上げられていたので、全部は書ききれなかったけれど、重要そうなのはこのあたりかな。
とっても具体的なアドバイスが山田先生らしい!

と、とても面倒見のいい優しい先生なのですが、山田先生が現在、居候社労士を募集しているそうです。
塾の仕事がなければ申し込みたいところだけれど、来年2月まではほそぼそとしかやっていけないので、私は無理なのですが、お勧めなので、興味のある方はコンタクトを取ってみるといいと思います。
(以下、貼り付けです)

--------------------------------------------------------------
「居候」って何?
~~~~~~~~~~~~~~~~
という方もいらっしゃると思いますので少々説明します。

資格を取った社労士が独立開業する場合に、「合同事務所」に入って新人同士で事務所をシェアする形がよく見られます。

または大先生が自分の事務所と別に設けたスペースを合同事務所として貸し出す場合もあります。

こうすると比較的安い金額で自分の事務スペースを自宅外に持てる訳です。

「居候」の場合はこうした合同事務所のメリットに加えて、家主である社労士の指導をマンツーマンで受けられる、そして家主社労士の業務を手伝いながら実務を学べる、というメリットがあります。

私もこの業界に13年おりますし、生まれついてのお節介人間ですから、懇切丁寧にご指導申し上げております。

また業界内、または他士業のお友達も紹介しますから人脈もすごい勢いで広がりますよ。


オフィスの場所は、「千代田区三崎町」。
JR水道橋駅西口から徒歩1分、地下鉄水道橋駅からでも徒歩6分、丸の内線後楽園駅からは東京ドームをはさんで徒歩9分ほどです。

【地図】(ミーティングルームの写真入)
http://www.llp-japan.com/top/accessmap/accessmap.html

施設は、

・机、椅子は木目調のきれいなものをお貸しします。
・高速インターネット環境で100M。
・ご自身の事務所用に電話を引くことも可能。
・もちろん社労士登録地としても利用可能。
・オフィスと別に、顧客を呼べる別室ミーティングルームもあります。
・フロア入り口はセコムカードキーにて入室するので安心。
・トイレは男女別。
・コピーは、A3カラー印刷可能なものがあり、
・ファックスもA4送信まで可能。
(コピーファックス、大量使用の場合は有料。)
・クロスカットシュレッダー、小型冷蔵庫、掃除機など完備。
・無駄なほど広く、日当たりの良い大型ベランダあり。
・東京の社労士の聖地、飯田橋は隣駅。
・飯田橋職安は、徒歩圏内。
・仕事帰りには、東京ドームで野球観戦、ボクシング観戦にも便利。(笑)

そして、私の熱血指導つきですから、これから開業される社労士さん、最近開業したものの自宅の外にオフィスを持ちたいと思っていた新人社労士さんには相当お得な環境だと思います。

これだけ別に一から揃えようと思ったら大変ですからね。

名刺でも「千代田区」のオフィスになり、客受けも良いです。

気になる、月の賃料は35,000円。(税込み)
初期費用は1万円のみとしました。(更新料など無し。)

一定の電話番の当番などご相談させていただきます。

男女は問いませんが、39歳の私のところの居候でもご自身で違和感のない方、開業後1年未満の方、しばらくは1つの部屋で私と二人だけで仕事をすることになりますので、これが気にならない方、積極的で明るく前向き、場に応じた対応ができ、周囲とのバランスがとれる方、お酒の好きな方(笑)、こんな方のご応募をお待ちしています。

ご応募を受け、面接し、事務所を見ていただきますが、入居希望をいただいてもその可否はその場では決めず、後日通知させていただきます。
尚、残念にもご縁がなかった場合、その理由についてはお答えできませんので予めご了承ください。
楽しく実の濃い社労士ライフを共に過ごしましょう。

ご応募、お問い合わせは以下のメールアドレスまでお願いします。
メールタイトルは「入居の件」としてください。

office@yamadahoumu.com


では、よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------
(貼り付けここまで)

おいしい条件ですよね~。

あと、昨日の懇親会も楽しかったです。ちょっといいこともありました(詳細は今は書けませんが)。
積極的に色々な人と会うのはやっぱり重要ですね。

人気blogランキングに参加しています。ご協力ありがとうございます!

2007/06/11(月) | スキルアップ研究会 | トラックバック(0) | コメント(5)

スキルアップ研究会(庄司先生)

banner_02.gif←クリックで順位が上がります。応援お願いします!

土曜日はスキルアップ研究会に参加。
株式会社アイウェーブの庄司英尚先生。
http://www.iwave-inc.jp/

やはり開業は厳しいというお話だったけれど、とても具体的なところまでアドバイスをしてくださり、為になる講義だった。
私はやはり、「アライアンスを組む」というところが印象に残った。保険会社とアライアンスを組むというのはプロゼミでもよく聞いたことだったけれど、法人相手の営業の人と組むというのも、言われてみれば、なるほど、という気がする。
それから、自分と相手だけではなく、お客さん同士の仕事を結びつけてあげる、というのも、なるほど、と深く感心した。感謝されるだけでなく、さらにお礼までもらえたらいいね(笑)(←何%かはもらっていい、という話も(笑))

あとは、持ち物、特に時計や鞄はけっこう見られている、という話も、「言われてみれば……」。
以前講義をしてくださった大谷先生もブルガリの時計をされていて、密かに気になっていたのだけれど、懇親会の時にお話ししたら、やはりそういうところは気を遣っているという話。
「お金持ちはお金持ちを信用するから。いいものを持っていたり、いい車に乗っている社労士を見て、『こいつにはぼったくられそうだな』と思うようなお客さんは、結局、いい客ではないことが多いのでは」
というようなことを教えてもらった。
庄司先生は逆に、すごく稼いでいるけれど、軽自動車に乗って「環境にいいですから」と言って好感を得ている税理士さんの話をしてくださったけれど。
どちらも真実の気がする。

今回も、講義・懇親会とも充実していて楽しかった!
ちょっと疲れていたので(というか、前日終電近かったので(^_^;))、二次会は珍しくパスしましたが、それでも充分、価値ある一日でした。
どうもありがとうございました。


あと、土曜日は講義の前にH18年合格者の何人かで集まって、指定講習の懇親会についてミーティングをした。
発起人(幹事さん)は、いりこだしさん。
いりこだしさんも積極性と気遣いのあるすごい人だと思う。土曜日は誕生日プレゼントと、おいものお菓子までもらってしまった。今度から、スイーツプリンスと呼ぶことにしよう(笑)
ということで(?)、私には大してできることもないので、このブログにも宣伝を載せてみることにした。私が幹事なわけではないけれど、当日もお手伝いしつつ、参加しているはずなので、ブログを見に来てくださっている方も、是非来てくださいね。

人気blogランキングに参加しています。ご協力ありがとうございます!

2007/05/15(火) | スキルアップ研究会 | トラックバック(0) | コメント(14)

スキルアップ研究会(長沢先生)

banner_02.gif←クリックで順位が上がります。応援お願いします!

土曜日はスキルアップ研究会に出席しました。今回は長沢先生のセミナー。今回はいつもより長めの3時間くらいあったので、いろいろなお話が聞け、また質問にも答えて頂き、充実していました。
本当、長沢先生は、聞かれたことにはすべて正直に答えられていて、そこがまた魅力。
今回は山田順一朗先生や前回お話ししてくださった大谷雄二先生もメンバーの一人として参加されていましたが、懇親会の時に「顧客の数とか売上とか、本の収入額まで全部隠さずに話す人を初めて見た」と笑っていらっしゃいました。確かに、ふつうはなかなか、オープンにできないだろうなぁ。
でも一番驚いたのは、本は1万くらい売れても、100万にもならないから、「あんなに苦労したのに、と悔しくて、出版社にあげちゃいました」
との台詞。100万を大した額じゃないと思えるところもすごいけれど、でもそれを敢えて「0」にするというその発想! すごい。普通は考えつかない!(笑)

長沢先生は本当、全体的にふんわりとした優しそうな感じの方なのだけれど(会ったことがある人はすぐに分かると思うけれど、本だけの印象だと多分、分からないと思う)、話を聞いていると、やはり中身はそうとう強いと思う。
「家事との両立はどうされているのですか?」
という質問に、
「両立しようとは思わないこと」
との答え。
長沢先生は子供にも、「あなたたちのために働いているのよ」と言っているらしいし、もう本当「お父さん」みたいなんだろうなぁ。
妊娠中も大きなお腹を抱えてお客さんのところを回っていたらしいし、
「そのときに一番お客さんが増えた。こういう大変な状況でもきちんとできる人なんだと逆に信頼されたのだと思う」
という言葉。

ただ、長沢先生も、「自分はこうやってやってきて成功したし、他の先生は他のやり方でやってきて成功している。私が他の先生のやり方をまねても成功していたとは思えないし、人の話はあくまで例と思った方がいい」というようなことを言われていた。
つわりなどは、やらなきゃいけない仕事を抱えている人の方が軽くなるとかは聞くけれど、でもやっぱり人それぞれ体も違うわけだし、色々あっていいんだろうな、というか、そのときそのときに、自分の力で判断して道を決める、その前に自分の価値観はしっかりさせておく、大事なのはそこの気がした。

昨日の懇親会ではまた、長沢先生、山田先生、大谷先生とも話をできたけれど、本当、また改めて、「結局は人柄だよなぁ」と思う。けっこう言いたいことを言っているようでいて、場の空気をしっかり読んで、気を遣うところにはしっかり気を遣う、みたいなところが感じられた。
長沢先生の話でも、成功しない人は「かたいことばかり言う人」「偉そうな人」「場の空気が読めない人」とのことだった。
立場をわきまえ、周りの人の感情を察知し、上手な聞き役になることが大事なのではないかと感じた。

本当、スキルアップは勉強会だけなら1500円くらいだし、コストパフォーマンスも良くて、すごいいい会だと思う。
長沢先生、主宰の村田さん、ありがとうございました!


あと、話は少し変わるけれど、スキルアップ研究会の18年合格を中心に、指定講習東京Aと東京Bの初日、親睦会(飲み会)をしよう、という動きが起こってきている。
スキルアップのメンバーでなくても、実務経験があって指定講習を受けない人でも参加可能な会になりそうなので、興味のある方は、7月24日と8月21日、予定を開けておくといいかも。


人気blogランキングに参加しています。ご協力ありがとうございます!

2007/04/09(月) | スキルアップ研究会 | トラックバック(0) | コメント(5)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。