スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

花火&模試見直し

060805_1956~02.jpg

昨日は江戸川の花火大会でした。
さすがに今年は花火を見に行くほど余裕はないけれど、うちは8階なのもあって江戸川の花火はポーチ(ベランダじゃなくて廊下側)からよく見えます。
夕方まではちゃんと勉強して、夜はポーチで焼きとうもろこしをかじりながら花火を観ました。
来年は会場まで足を運んでもっと近くでみるぞ~、とも思ったけれど、家からそこそこ迫力のある花火を観られるというのも幸せだな(ちなみに自慢すると、毎日家の中からディズニーランドの花火も見えます! ただ8時半に家にいることはあまりありません(^^;))
一年ぶりの花火を観て、去年の今頃を思い出したりしました。去年も去年で楽しかったし、受験勉強に追われていなかった分、遊んでいられたけれど、でもまだちょっと漠然とはしていても、目標のようなものが見えてきて、その方向にちょっとずつであっても努力して歩んで行かれるというのは、きっと幸せなことなのだろうな、と思います。
そして来年は、今年の自分も乗り越えて、「去年より幸せだ」と言えるようにまた頑張りたいです。

昨日・今日はLECの2回目の模試の解き直しをしていました。問題を読んで理解するのにも、解説を理解するのにも時間がかかり、10時間近くかけての見直しになってしまった気がします……(^^;)
でもじっくり考えると今の力なら45点くらい取れそうな気もしたし、解説を時間をかけて読むと思わぬところで勘違いをしていたり、曖昧になっている部分があったりするということが分かり、かなり良い勉強になりました。
まとめて問題を解いて解説を読むというのも大切だけれど、見直しの場合は、1,2問ずつ解いては解説を読むとした方が、自分の理解度が正確に捉えられていいかもしれないと思いました。
今回は苦手としていた「ポータビリティ」のところを徹底的につぶすため、細かい図などを書いてみたりもしました。
やるべきことはたくさんあるけれど、一つ一つのことをきちんと突き詰めて、曖昧な部分をちょっとでも減らしたいと思います。
残り3週間、少しでも苦手をなくし、少しでも不安を減らして自信を増やして本番に臨みましょう!

人気blogランキングに参加しています。50位付近にいます。ありがとうございます!
スポンサーサイト

2006/08/06(日) | 模試 | トラックバック(0) | コメント(2)

伯母さん&模擬模擬試験

060804_1849~01.jpg
うかるぞ社労士SRゼミ直前模擬試験〈2006年版〉うかるぞ社労士SRゼミ直前模擬試験〈2006年版〉
秋保 雅男

週刊住宅新聞社 2006-04
売り上げランキング : 90876

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昨日弟のところに娘が産まれたそうで、ついに私も伯母さんになってしまいました。あ~、そんな歳かぁ。結婚したのは私の方が早かったのに、先を越された(^_^;)
でも、子供は嫌いではないけれど(嫌いだったら塾の先生とか多分していないし)、でも、46時中、ああいううるさい生物が側にいるのかと思うと、ひるむところがあるんだよなぁ。
産んじゃえばかわいがれるものなのだろうか。

ところで今日は仕事もなかったので、家にこもり、一人模試状態を作り出して問題を解いた。なかなかこういう勉強の仕方もいいかも。やはり3時間は疲れるけれど(早く解き終わったので3時間で終了にした)、疲れても休まないと決めておけば、密度濃く勉強できるし、「あ、そういえばあれをやらなきゃ」とか他のところに心を奪われることもないのでいい。
今日は、下の記事でも紹介した、「受かるぞ社労士」の方の一回目を解いた。1回目より2回目の方が難しく設定されているということで、1回目はLECの1回目の模試くらいと思えばいいかもしれない(それよりちょっとは難しいかな。選択式は簡単だったけど)。
自分のやるべきことをしっかりと決めて着実に勉強を進められている人は特にやる必要はないかもしれないけれど、最後の模試が悪くてそれを引きずっている人とか、問題集を解いているだけだと集中できないという人には、「時間を区切って集中して、基本的な問題を数多くこなす」というのは意味のあることだと思うし、私は個人的には勧めます。
特にこの1回目は、珍問奇問がない分、良問が多い。過去問の論点をしっかり拾って作られているのが分かるし、LECとはまた違った視点で聞いてくるものもあるので、勉強になった。
多分、本試験ではこれくらいの「基本問題」と「基本を元にした応用問題」が7,8割出て、残りが聞いたことないよレベルで難しいのだろうと思う。そして、その基本問題を落とさなければ合格できる。
そう考えると、基本問題を8,9割確実に押さえられるようにするというのはいい勉強方法だと思う。

ちなみに私は
選択式……37/40
択一式……58/70
でした。択一は目標8割、くらいでやってみるといいのでは、と思います。

人気blogランキングに参加しています。ついに1枚目(50位以内)に進出! ありがとうございます!

2006/08/04(金) | 模試 | トラックバック(0) | コメント(2)

色々届く&模試見直し

昨日ついに受験票が届きましたね。
ドキドキ。

注意書きの中で、携帯の持ち込みはできませんというのが一番気になっています。そんなに携帯依存症ではないつもりだけれど、携帯を持たずにでかけるって、落ち着かない。
去年は渡された封筒に試験中しまっておけば大丈夫だったという話だけれど、持っていかないに越したことはないのかな。
うむ、どうしよう。

あとはLECの白書講座が届きました。LECの講座もこれで本当の最後。もちろん、もう来年はないぞ、という意気で頑張ります。
早めに白書の講義もみちゃわないとな。

それと、本番と同じ形式になっている予想問題集もアマゾンで買い、それが届きました。
「今から新しいことをするな」という意見もよく聞きますが、今は3時間半ぶっつづけで勉強する練習、というのが一番必要な気がするので、出来を気にするというよりは、集中力の持続時間をできるだけ延ばすことを目標にやっていこうと思います。
でも、あ”~時間がもっと欲しい!!

ただそういいつつも、今日は夜、英会話のレッスンに。
今日はそこまでおちこぼれなかったので良かった。でもいつもの先生がお休みでちょっぴりロンリー。
なんかでも、そこの教室は、英語を本気で勉強したいというより、コミュニケーションを求めてくる人が多いようで、趣味を選ぶときに「英会話」を選ぶ人というのは、「執筆」などを選ぶ人とはやはり違って、アクティブで圧倒される。
でも身近にあまりいないタイプの人たちだからこそ、なんか魅力的にも思えるな。
先週とか、どこにでも住めるとしたらどこに住みたいかという話題に、みんな外国を挙げていて驚いた。絶対日本がいいと思うけど……。私の理想の地は鎌倉だ。とか言っている時点で、私には多分、あまり英語は必要ない(笑)

今日は相変わらず過去問4巡目をし、あとは模試1回目を解き直した。今解くと、一回目は簡単だったな、ということがよく分かる。あのときは簡単だとは思わなかったけれど……。
ちょっとずつ成長しているのだと信じて突き進もう。

人気blogランキングに参加しています。52位まで上昇中。協力して下さっている方、本当にありがとう!

2006/08/02(水) | 模試 | トラックバック(0) | コメント(3)

LEC3回目模試。

思ったほど取れなくて、ちょっとショック……(^^;)

午前中の選択式は好調だったのですが……択一の方が自信あったのに、2回目の模試と変わらない叩かれ方をしてしまった……。
あれは難しかったのかなぁ。それとも私の頭がはたらいていなかったのかなぁ(^^;)

選択式……33/40(足切りもなし)

その代わり……

択一……39/70(労災3点)

択一で足切りなんてあり得ない、と思っていたのに、我ながらびっくりだ。
過去問の徴収法の問題とか同じこと繰り返していて、3点中2点は確実に取れそうな問題なのに、今回の模試の労災部分の徴収法は0点だった。雇用部分の徴収法も1点。難しいよぉ。
ただ、「去年不合格になった人のデータを取ったら、労災があと一点取れていたら、とか、労災で落ちている人が一番多かったんですね」という今日の解説の先生の言葉。
たしかにこのあいだの模試でもぎりぎりの4点だったし、今回は労働系で苦戦しまくったので、あと1ヶ月、そこのフォローをします。
(でも苦手だと思っていた安衛は頑張った甲斐あって選択式も択一もパーフェクト。あと同じく模試で2回悪い点を取った国年も、テキストをじっくり読み直した成果か、択一9/10でした。だから本当、気合い入れてやれば、苦手科目は克服できるよ! と私は信じています。本番で労災、選択式4点以上、択一7,8点を目指します)

あと総合点も頂けないよなぁ。ただ、一般常識の部分を中心に、落ち着いてよく考えれば解けた問題が7,8問くらいあった。
勉強の方法が間違っていると言うより、集中力の問題かもしれない。予想問題集とか手に入れて、一日かけて「一人模試状態」を作り出して勉強するのもいいかな、と思う。
もう終わってしまった予備校の模試とか手に入れられないかな。そういうの売っているなら買ってやってみたいな、と思う。

今回の解説の先生は(名前分からない(^^;))、「これは私の講義を受けた人にだけは説明しているんですけれど」とか「ここは常識ですね」とか、なんか言い方が気にくわなくて、途中で退室しちゃおうかと思ったけれど、講義のあと、一人の生徒が、この時期にあまり出来が良くなくて自信をなくした、というようなことを先生に言ったら、結構親身にアドバイスしていて、それを聞いている限りでは結構良い先生だった(笑)
解説のときは、「今回の模試はそんなに難しくなかったでしょう?」とか言っていたけれど、その生徒に対しては、「この時期の模試は、本番よりちょっと難しめになっているんですよ。この時期に良い点を取ってしまうと気が緩んでしまうでしょ?」とか言ってあげていました。
たしかに今回50点とか獲っていたら、あと一ヶ月全力で頑張る気にはなれなかったかも。
今回の私の点も決して誉められたものじゃないんだけれど、気が緩むほど良くもなく、これじゃあどうやったってもう受からないよと思うほどは悪くもなく(なんかあともうちょっと頑張ればどうにかなる、と思わせてくれるちょうどいい点の気がする。あ、ポジティブすぎ?(^^;))……きっとこれで良かったのさ。

ということで、悪い点もあったけれど、ひきずらずに、「労災得意科目計画」を作成し?、のこり28日、頑張ります。

人気blogランキングに参加しています。ちょっぴり上昇中。ありがとうございます!

2006/07/29(土) | 模試 | トラックバック(0) | コメント(12)

浅草寺&模試の結果

0714.jpg

最近気づいたらあまり友達に会っていなかった。
気づいたら、っていうのが、なんかすごい(笑)
それだけ勉強に集中していたのかなぁ。

ということで?、というわけでもなく、たまたまだけれど、昨日・今日は色々な人に会い、たくさん話せて良かった。
昨日(金曜)の夜は高校時代の友達二人と浅草で会い、ご飯を食べたあと、浅草寺のライトアップを見に行った。数年前から浅草寺と隣の五重塔はライトアップを始めたらしい。荘厳な雰囲気があり、願いも叶いそうで良かった(笑)
友達のうち一人は、管理栄養士の資格を持ち、保育園で栄養士として働いているし、もう一人は去年念願の建築士1級の資格を取り、まずは修行と来週から建築事務所で働き始めるらしい。頑張っている同世代の女性を見ると励まされるなぁ、と思う。
正直二人とも、高校時代はそこまで親しいわけでもなかった友達だけれど、今は、当時仲良くしていた友達より気が合う感じがする。
それは時の流れのせいなのか、大人にならないと本当に合う相手というのが分からないということなのか……どちらなのだろう。

今日(土曜)は、月に一回の小説の講座に行き、作品をそこそこ誉められて気分良くなり、やっぱ作家になんなきゃなぁ、などと思う(笑)
そしてそのあと、教室のメンバーと食事をして、小説について語る。やっぱり小説のことについて人と話せるのはいいことだな、と思う。ただもう、人の作品を「批評」することはやめた。人の作品を批評するということは、重い責任のあることで、私はその責任は負いたくないと思うから、かな。心ない一言が、まだ磨かれていない原石を破壊してしまったり、隠された才能を永遠に闇に葬り去ってしまうということは絶対にあると思う。この頃。

小説の仲間と別れてからは、職業訓練校時代の友人の個展を見に行く。バーにCGで作ったイラストを展示しているという。基本的にmixi上でしか存在をアピールしていないバーということで、最近は色々な形の商売とか、人との関係が成り立つ世の中なんだななどということを感じたりした。
その友達はずっとDTPの仕事をしていたけれど、会社は辞めて、今は家で仕事を獲ってきてフリーでやっていくぞと頑張っている。
彼女は私よりちょっと年下だけれど、やっぱり30前後って、仕事を変えるなら今がラストチャンスというような焦りのある時期なのかもしれない。今日会った他の友達も言っていたし、昨日会った友達も言っていたし、多分私もそう思っている。特に女は、結婚とか出産の予定を考えないと上手く職業人としての未来を描けないところもあって、難しいんだな。
まぁ、あがきながら、もがきながらでも、ちょっとずつ進み、まずは自分の理想とする姿をはっきりとつかまえ、それから、その理想と自分を近づけていけたらなと思うし、友達に対しても、そうなれたらいいね、と感じている。


あと、昨日はLECの二回目の模試の結果を獲りに行ってきた。選択式で一つ2点を取ってしまったので、不合格判定(>_<) でも、2点しか取れなくても、その科目(労一)の偏差値は「58.2」ということなので、本番だったら救済されているかもな、と勝手にプラス解釈している。選択式の総合の偏差値は68.4だし、それだけの偏差値で不合格判定って、普通のテストではありえない。……でもそれが、社労士の試験の怖さだな、と改めて。
少しでも不安なところを解消して、本番に望めたらと思う。
昨日・今日は空いた時間や電車の中で、GETの7月号と8月号をかなり読んで解けたし、以前より大分、一般常識に慣れては来た気がする。
やっぱ苦手科目克服は「量」をこなすことだな、と実感するこの頃。実際に点数を上げることも大切だけれど、これだけやったんだからと自信を持てるようになることも重要なことだと思う。

あ、でも、択一は35点だと信じていたけれど、なぜか37点だった。
一点は向こうのミスで解答が二つになったから増えたものらしいが、もう一個はマークのしまちがえ?? うむ……間違ったところにぬったとは思えないのだけれど、本番では気をつけないと。運良く点が上がるならいいけれどね(笑)

ということで、最近おそろしく暑いですが、頑張りましょう!あと6週間、42日です!!

人気blogランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

2006/07/16(日) | 模試 | トラックバック(0) | コメント(4)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。